Sauber

/ News

モンツァでパドックデビューすることになったシロトキン © Renault
拡大

今週末のモンツァで、ザウバーの控えとして4人目のドライバーが加わることになった。

レースで常にスイスチームに同行するのは、ニコ・ヒュルケンベルグとエステバン・グティエレス、そして"サード"もしくはリザーブドライバーのロビン・フラインスだ。

だが今週末のイタリアではセルゲイ・シロトキンがザウバーのチームウエアを着てパドックデビューを果たすと『Speed Week(スピード・ウイーク)』が報じている。

10代のロシア人ドライバーであるシロトキンは同チームで2014年のレース契約を済ませているものの、まだF1スーパーライセンスを取得していない。彼の契約はロシアによるザウバー救済計画の一環だ。

8月末に18歳になったばかりのシロトキンについて、通信員のマティアス・ブルナーはこう語った。「彼がモンツァですることは3つしかない」

「学んで、学んで、学ぶことだ」

© ESPN Sports Media Ltd.