ロシアGP

/ News

M.S. M.S. RSS FeedFeeds

  • ロシアGP - ペナルティ
  • ライコネンがジャンプスタート
  • 2019年10月2日: シーズン第16戦ロシアGP決勝ではキミ・ライコネンのジャンプスタートとケビン・マグヌッセンのルールに反するコース復帰が取り沙汰された。

  • シンガポールGP - ペナルティポイント
  • ペレスに戒告1回目、ペナルティポイント付与はなし
  • 2019年9月25日: シーズン第15戦シンガポールGPではレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスがシーズン初回の戒告を受けたのみで、ペナルティポイントを与えられたドライバーはいなかった。

  • シンガポールGP - パワーユニット
  • 予選除外のリカルドがMGU-KとCEを交換
  • 2019年9月25日: シーズン第15戦シンガポールGPではルノーのダニエル・リカルドがMGU-Kとコントロールエレクトロニクスを交換した。

  • シンガポールGP - ペナルティ
  • 実利なくとも違反は違反
  • 2019年9月25日: 第15戦シンガポールGPではたとえパフォーマンス上のアドバンテージがなくともルール違反は厳格に取り締まるという先例が示された。

  • イタリアGP - ペナルティポイント
  • ベッテルに黄信号、累積ペナルティポイントが9に
  • 2019年9月11日: シーズン第14戦を終えて今季が残り7戦となった段階で、フェラーリドライバーであるセバスチャン・ベッテルの累積ペナルティポイントが9点を数えている。

  • イタリアGP
  • モンツァがF1と5年契約を締結
  • 2019年9月5日: イタリアGPは今後5年間もモンツァにとどまり、伝説的なサーキットが少なくとも2024年までF1の舞台となることになった。

  • ベルギーGP - ペナルティポイント
  • 夏休み明け初戦は罰点加算0
  • 2019年9月4日: 2019年シーズンが後半戦に突入した第13戦ベルギーGPでペナルティポイントを科されたドライバーはいなかった。

  • ベルギーGP - パワーユニット
  • 半数以上のマシンに新エンジン搭載
  • 2019年9月4日: シーズン第13戦ベルギーGPでは多くのマシンに新たなパワーユニットコンポーネントが搭載された。

  • ハンガリーGP - ペナルティポイント
  • ジョビナッツィに1ポイント加算
  • 2019年8月7日: シーズン第12戦ハンガリーGPでペナルティポイントを加算されたのはアルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィのみだった。

  • ハンガリーGP - パワーユニット
  • 予選Q1で敗退したリカルドがPUをフル交換
  • 2019年8月7日: シーズン第12戦ハンガリーGPではルノーのダニエル・リカルドが規定数を超えるパワーユニットコンポーネントを搭載してペナルティを科された。

  • ハンガリーGP - ペナルティ
  • 予選での走行妨害以外に目立った違反なし
  • 2019年8月7日: 2019年の前半戦を締めくくるシーズン第12戦ハンガリーGPでは、予選での走行妨害が取り沙汰された以外は目立ったペナルティはなかった。

  • ドイツGP - パワーユニット
  • ノリスとベッテルにペナルティ
  • 2019年7月31日: シーズン第11戦ドイツGPでは規定数を越えるパワーユニットコンポーネントを使用したフェラーリのセバスチャン・ベッテルとマクラーレンのランド・ノリスにペナルティが科された。

Top of the Page上へ