ロシアGP

/ News

  • ロシアGP - ピレリ - 予選

ピレリ、1ストップ予想もタイヤは「バラける」と予想

Nobu
2019年9月28日 « ペレス、Q2敗退も入賞に自信 | 小さなミスが響いたとライコネン »
© Dimitar DILKOFF / AFP
拡大

28日(土)にソチ・オートドロームでシーズン第16戦ロシアGP予選が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールが1分31秒628をマークしてポールポジションを獲得した。

2番手にはメルセデスのルイス・ハミルトンが入り、3番手にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がつけている。

メルセデスはハミルトンとバルテリ・ボッタスがともにQ2をミディアムタイヤで突破しており、トップ10スタートのドライバーでは2人だけが硬めのコンパウンドで決戦に挑む。

土曜フリー走行はルクレールをトップにベッテルとハミルトンが2番手と3番手に並んだ。

マリオ・イゾラ(自動車レース責任者)

「Q2の最速タイムを出すのにミディアムタイヤを使ったのはメルセデスだけであり、明日に向けて興味深い戦略上の戦いが約束されている。昨夜の雨でFP3と予選の前に路面がリセットされてしまい、その後若干進化することになった。しかし、日中にそれ以上の雨はなかった。もし天候がこのまま持ってくれれば、明日はより安定した路面となることが期待できる。そうなれば明らかに1ストップ戦略がベストだ。しかしながら、1ストップ戦略と言っても、3種類全てのコンパウンドが使われ、多くのバリエーションを目にすることになるだろう。ソチはオーバーテイクが簡単なサーキットではないから、明日はピットやコース上における大きな戦術バトルを期待していいだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.