ロシアGP

/ Features

  • テレビカメラに映らなかった瞬間

ファインダー越しのF1 - 2015年ロシアGP

Mark Sutton / Jim
2015年10月17日

F1フォトグラファーのマーク・サットンが2015年シーズン第15戦ロシアGPで撮影したお気に入りの写真を紹介する『ESPN』独占コラム!

【マーク・サットン 2015年10月16日】

じっくり観察

カメラモデル:Nikon D4s | レンズ:Nikkor 500mm F4ED | シャッタースピード | 1/1000s | エクスポージャー: F6.3 | ISO:400 | Photo by Mark Sutton © Sutton Images
拡大

これは若干期待はずれの結果だった予選後のひとコマ。ルイス・ハミルトンはミスを犯してラップをあきらめ、パルクフェルメではなくガレージにマシンを停めている。われわれカメラマンは全車がコントロールラインを通過するまでパルクフェルメへの入場を許可されていないので待機せねばならず、私はポールポジションを獲得したニコ・ロズベルグが停車する場面しか抑えられなかった。セバスチャン・ベッテルはやや遅れて到着し、その頃にはすでにルイスが歩きまわってフェラーリをじっくりと見ていた。自分のマシンと比べつつ、エンジニアに質問するのだろうかと思ったが、パルクフェルメで見たものから学ぶのは難しいかもしれない。それでもルイスはセブがマシンを降りた後、コックピットも調べていた! 来年にはセブが最大のライバルになる可能性があるため、彼がフェラーリにどれだけの注意を払っているのか、その様子を見るのは興味深い。

テレビカメラに映らなかった瞬間

カメラモデル:Nikon D4s | レンズ:Nikkor 70-200mm & 1.4X 望遠レンズ280mm | シャッタースピード | 1/1000s | エクスポージャー: F6.3 | ISO:400 | Photo by Mark Sutton © Sutton Images
拡大

第1コーナーで2台のメルセデスがバトルする様子をカメラに収めようとターン1のフォトグラファータワーからレースのスタートを撮影していたところ、集団をパンバックするとニコ・ヒュルケンベルグがスピンしているのが見えた。単独スピンした様子で、進行方向と逆向きに止まり、そこへやってきたマーカス・エリクソンが乗り上げた。フォース・インディアのサイドに乗り上げる形だったのだが、テレビカメラではザウバーマシンがどれほどヒュルケンベルグの頭部に近かったのか映し出されていなかった。これを見れば実際に起きたこと以上に最悪の状態になる可能性もあったことが分かるはずだ。本当に彼はラッキーだったと思う。リアホイールがあわや頭にぶつかりかけている。とはいえ、こういう状況では何が起きるか分からない。すべてが一瞬の出来事だからだ。いいタイミングで振り返れた私は幸運だったと思う。しかも、カメラには適切なレンズも備えていた。レンズが長すぎれば撮り逃してしまう場面でもある。

戦うフェラーリ

カメラモデル:Nikon D4s | レンズ:Nikkor 500mm F4ED | シャッタースピード | 1/1000s | エクスポージャー: F6.3 | ISO:400 | Photo by Mark Sutton © Sutton Images
拡大

2台のフェラーリがポジションを争っているシーンだ。ターン2に向かってホイール・トゥ・ホイールのバトルを繰り広げる彼らの連写に成功した。ターン2にかけてセバスチャン・ベッテルがインサイドに攻め、キミ・ライコネンはワイドに走らざるを得なかったもののチームメイトの前をキープ。結局はここから2つコーナーを経てベッテルが先行したものの、同一マシンを駆る2人のビッグネームがポジションを争うところは素晴らしい場面だった。ターン2にいる自分に向かって競い合う彼らがやってくるシーンは見応えがあったとはいえ、他のサーキットでよく見るようなマシンリアから火花が上がっていないのが少し残念でもある。それでもなお、ホイール・トゥ・ホイールのアクションは十分にドラマティックだ。

シャンパンファイト

カメラモデル:Nikon D4s | レンズ:Nikkor 500mm F4ED | シャッタースピード | 1/640s | エクスポージャー: F5.6 | ISO:400 | Photo by Mark Sutton © Sutton Images
拡大

このショットはカメラに向かって直接シャンパンをスプレーしてくれている形に見えるので気に入っている。お決まりのアングルから表彰台を撮影するためにもう一人別のカメラマンがいたので、私はメルセデスチームの近くにポジションを取った。ルイスはいつも、下にいるチームに向かって喜びを表現するので、この一枚を撮るにはそれが重要だったし、それを知っているからこそのショットだ。それに構成も素晴らしい。彼の顔にシャンパンがかぶっておらず、この一瞬の彼の表情も見て取れる。それにこの帽子! 唯一、残念だったのは太陽の光が降り注ぐ表彰台でなかったこと。そのため、どの写真も今年他の場所で撮った表彰式より、ややぼやけて見える。

Sutton Images | Twitter

© ESPN Sports Media Ltd.