ロシアGP 2015

/ Commentary

レース

19:30 2015年F1世界選手権第15戦ロシアGP決勝レースはこの後日本時間20時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

19:50 これより2015年F1世界選手権第15戦ロシアGP決勝レースの模様をお届けいたします。今年で二度目のロシアGPはグランプリ初日がコース上のオイル漏れによる遅延・セッション短縮に始まり、タイヤ選択の難しいウエットコンディションでのフリー走行となった上、各陣営が集中的な作業を行おうと迎えた土曜日も、トロ・ロッソのカルロス・サインツがクラッシュを喫するまでの35分間しか走行できず、普段よりも各データが不足した状態で予選とレースに挑まなければならなくなりました。

19:51 幸い、事故に遭ったサインツは検査の結果、無傷であることが確認され、当初は一晩の入院が予定されていたものの、その日のうちに退院できました。予選には参加できませんでしたが、スチュワードはFIA医師団の許可が下りればレースへの出走を認めるとの判断を明かしています。

19:52 日曜朝に医師の診察を受けたサインツにはレース参加のゴーサインが出され、グリッド最後尾からの出走が決まりました。

19:53 予選ではメルセデスの2台がポールポジションを争った末、週末を通して好調をキープしていたニコ・ロズベルグがトップタイムを記録。ルイス・ハミルトンが0.3秒差で2番手に入り、オーダーは逆転していますがメルセデスが今年もフロントローを独占しています。

19:54 3番手に食い込んだのはウィリアムズのバルテリ・ボッタス。フェラーリ勢を抑えての3番手にボッタスは満足だと語っていました。しかしながら、相棒のフェリペ・マッサは予選Q2でのミスとトラフィックが足かせとなりトップ10入りを逃しています。タイヤ選択の自由があるとはいえ、15番手スタートは厳しいレースを強いられそうです。

19:55 フェラーリはセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンがそれぞれ4番手と5番手に並びます。

その後ろにはニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスのフォース・インディア勢が控え、ロータスのロマン・グロージャンが8番手、トロ・ロッソのマックス・フェルスタッペンとレッドブルのダニエル・リカルドが上位10台に名を連ねました。

母国グランプリに挑むレッドブルのダニール・クビアトはわずかな差でQ3に進めず11番手から上位を目指すことに。

19:56 マクラーレンはジェンソン・バトンがQ2にコマを進めて13番手。250戦目の記念レースに挑むフェルナンド・アロンソは16番手に終わりましたが、今週末は二度のエンジンコンポーネント交換を実行しており、合計で35グリッドの降格処分が決まっていました。

他に、2戦ぶりにコックピットに復帰したマノー・マルシャのロベルト・メルヒがICE、ターボチャージャー、MGU-Hをそれぞれ5基目に載せ替えたため、20グリッド降格ペナルティを科されています。

19:57 16番手以降のグリッド順はザウバーのマーカス・エリクソン、マノー・マルシャのウィル・スティーブンス、メルヒ、アロンソと並び、サインツが最後の20番グリッドに着くことになります。

19:58 今週末は昨年と異なるタイヤの組み合わせが採用され、スーパーソフトとソフトのコンパウンドが持ち込まれていますが、走行時間が制限されたため、どのチームもタイヤデータが不足した状態。ピレリは大半が1ストップ戦略を採ると予想しつつも、レース展開によっては2ストップ戦略を講じてくる陣営もあるだろうと推測しています。

19:59 間もなくスタート時刻を迎えます。日曜日も曇り空のソチ・オートドローム、気温は18度、路面温度27度、湿度47%のコンディションです。

20:00 フォーメーションラップが始まりました。プライム側のソフトタイヤを選んだのは14番手スタートのロータスを駆るマルドナド、マッサ、エリクソン、19番グリッドに並ぶアロンソです。

20:03 ロズベルグとハミルトンががフロントローに着きました。いよいよレーススタートです・・・!

1周目

シグナル消灯・・・レースが始まりました! 好発進を決めたのはロズベルグ! ボッタスが少し出遅れたでしょうか。ターン1はロズベルグが先頭で通過するも、ハミルトンが猛プッシュ!

セーフティカーが出ます。

フォース・インディアのヒュルケンベルグとザウバーのエリクソンが接触。コース上でマシンを止めました。

ターン2に向かうところでわずかにコースを飛び出したヒュルケンベルグがスピンを喫し、後続車は何とかフォース・インディアマシンを避けて通過したものの、ブラインド状態で事故現場に遭遇したエリクソンは行き場をなくしてフォース・インディアマシンにぶつかり停車。

2周目

フェルスタッペンの左リアタイヤがパンクしています。フェルスタッペンもヒュルケンベルグのスピンに巻き込まれた模様。

先ほどロータスのグロージャンもピットに入ってきており、デブリを拾ったのかもしれません。グロージャンはフロントウイングの調整も行っており、少し長めのピットストップでした。

3周目

セーフティカー先導のまま、レースは3周目に入ります。先頭はロズベルグのまま、ハミルトンが2番手、ライコネンが3番手に上がり、ボッタス、ベッテル、ペレス、クビアトが7番手。

セーフティカーの解除が発表されました。リスタートです・・・!

セーフティカーラインを過ぎて全車が全力で加速していきます!

4周目

ボッタスがライコネンに並ぶ! ポジションを取り・・・戻しました!

ライコネンは4番手にダウン。ベッテル、ペレス、クビアト、ダニエル・リカルド、ナッサー、バトンが10番手に上がっています。

5周目

11番手にマッサ、マルドナドを挟んで13番手にアロンソ。サインツが14番手につけています。

先頭ではロズベルグとハミルトンが1秒差以内の接近戦。

6周目

ロズベルグはクラッチペダルに不具合があるようですが、ファステストラップを刻みながらハミルトンを引き離そうと必死にプッシュしています。

ターン2に向かってベッテルが相棒のライコネンに並・・・び、かけましたが、ライコネンがポジションを死守! メルセデスとフェラーリがそれぞれチームメイト対決を繰り広げています。

7周目

なんと! ハミルトンがロズベルグの前に出ています! どこで抜いたのか・・・。

リプレイ映像によると、ロズベルグはペースが上がらないのか、ブレーキに問題があるのか、ターン2でワイドに膨らみ、ハミルトンに簡単に抜かれたように見えました・・・。

そしてボッタスにも抜かれていきます!

8周目

ロズベルグがスローダウン! テクニカルトラブル発生! ピットレーンにたどり着きましたが、レースの再開は可能でしょうか・・・。

ロズベルグはコックピットを離れます。ポールシッターのロズベルグがここで戦線離脱! ハミルトンとのチャンピオンシップバトルはますます不利になってきました。

9周目

一方、ラップリーダーとなったハミルトンは2番手のボッタスとの距離を広げていきます。

10周目

一気にペースを上げたハミルトンは2番手以下に2.5秒以上のリードを築いて独走態勢に持ち込んでいます。

フェラーリのチームメイト対決はライコネンが前のまま。それでもベッテルは1秒差以内のところにピタリとつけてチャンスを伺います。

11周目

レッドブルのクビアトとリカルドも接近戦を展開! その差は0.4秒です!

トロ・ロッソのサインツがマクラーレンのバトンをかわして11番手に浮上。

12周目

ハミルトンがさらにペースを上げていきます。1周あたり1秒近く引き離している様子。

6番手を争うクビアトとリカルドはクビアトが必死にチームメイトの攻撃を防いでいます。

黄旗が振られています。

グロージャンです! グロージャンがクラッシュ! 映像からはかなり激しいクラッシュだったように見えますが・・・。

グロージャンは無事! 自力でマシンを降りようとしています!

再度セーフティカーが出動しました。

13周目

バトンの少し後ろを走っていたグロージャンはターン3でマシンのコントロールを乱し、アウト側のバリアに激突。その衝撃でマシンは回転しながら再度バリアにぶつかり、大きなダメージを負って停車しました。コース上にはかなりデブリが散らばりましたが、グロージャンは無事にマシンを降りてメディカルカーに乗り込んでいます。

14周目

現場ではロータスマシンの撤去作業が始まっています。

セーフティカー導入に合わせてピットストップを実施した陣営も多く、スタートと同じタイヤを履き続けているドライバーがトップ8に並び、先頭はハミルトン、ボッタス、ライコネン、ベッテル、クビアト、ナッサー、マッサ、マルドナドが8番手です。

2セット目のタイヤに履き替えたペレスが9番手、チームメイトとポジションを争っていたリカルドが最初のピットストップを終えて10番手、11番手以下はフェルスタッペン、サインツ、バトン、アロンソ、メルヒと続き、スティーブンスが現在最初のピットストップ中です。

15周目

グロージャンがクラッシュしたターン3近辺のバリアは現在、修復作業が行われており、この作業が完了次第、レースは再開されると思われます。

セーフティカーが先導するレースは15周目に入りました。

16周目

上位6台はオプションタイヤでスタートしたメンバー、7番手のマッサと8番手のマルドナドはソフトタイヤを第1スティントに選んでおり、このメンバーがまだピットストップを終えていません。

レースが再開されます!

17周目

ベッテルがライコネンに仕掛ける! ターン2に向かって・・・ベッテルがインを突きましたが、ライコネンはオーバーラン! 接触があったのかどうかは分かりません。

コースに戻ったライコネンが前でバトル再開。

18周目

結局、ベッテルがライコネンのオーバーテイクを成功させて3番手に浮上。ライコネンは「直線のスピードがない!」と無線で訴えていました。

レッドブルのリカルドがトロ・ロッソのサインツとホイール・トゥ・ホイールのバトルを展開し、最終的に10番手にポジションを上げました! 先ほどグロージャンがクラッシュを喫したターン3付近での接近戦はスリル満点!

19周目

4番手に下がったライコネンはベッテルに比べてコンマ数秒ペースが遅く、少しずつ距離をあけられています。

20周目

続いての接近戦は6番手を走るナッサーとマッサ、ペレスを含む3台のバトル。いずれも1秒差以内の距離で追い抜きを狙っています。

21周目

レッドブルのリカルドはさらに9番手のマルドナドをロックオン! ソチのコース特性はレッドブル向きではないと語っていたリカルドですが、ペースは悪くないようです。

22周目

ナッサー、マッサ、ペレス、のバトルにマルドナドとリカルドの2人も加わりそうです。リカルドのプレッシャーを受けるマルドナドは必死にペースを見いだし、自らも前方とのギャップを縮めています。

23周目

かたや、トップをひた走るハミルトンはすでに6.3秒のリードを確立。他車より1秒速いラップタイムを刻みながら周回しています。

24周目

ナッサーとマッサのギャップが少し開きました。近づき過ぎるとレース後半に響くため、距離を取ったのかもしれません。

25周目

3番手のベッテルが徐々にボッタスとの差を詰めてきています。ラップタイムはベッテルの方が0.3秒から0.5秒速い状態が続いており、現在のギャップは1.3秒。

サインツがピットレーン入口の白線を超えた疑いで審議対象になっています。

26周目

ベッテルがボッタスのコンマ数秒後ろに迫ってきました!

サインツに5秒のタイムペナルティが科されました。

27周目

ボッタスがピットイン! ソフトタイヤに履き替えてピットを出ます。

戻った位置はサインツの後ろ! すでにタイヤ交換を済ませているペレス、リカルド、サインツよりも後方です。この3人が1ストップ戦略ならばボッタスはコース上で追い抜くしかありません。

28周目

当然ながら、アンダーカットを狙うベッテルにはプッシュするよう指示が出ています。加えてライコネンにも逆転のチャンスあり。フェラーリ勢がウィリアムズ超えを目指して勝負どころを迎えています!

29周目

ライコネンにはボッタスがトラフィックにはまっていることから、「まだ表彰台は可能だぞ」とのメッセージが届けられました。

30周目

フェラーリ勢は現在、2台とも1分42秒半ばのラップタイムをマークしており、10番手を走るボッタスは1分42秒後半のペース。

31周目

まずはベッテルがピットイン! さらにマッサ、マルドナドも入ってきます!

フェラーリは素早い作業でベッテルをコースへと送り出しました。ボッタスのアンダーカットは成功。リカルドの前6番手でコースに戻りました!

フェラーリは続いてライコネンのピットストップも行うようです。

32周目

ライコネンがピットレーンに入ってきました。ソフトタイヤに交換してピットアウト。

ピットを出てきたライコネンの後ろからリカルドとボッタスがやってきます! ライコネンはこの2台の後ろにつきました。フレッシュタイヤの利点を生かしてボッタスにオーバーテイクを仕掛けようとしたライコネンですが、あわやタイヤとタイヤがぶつかりそうになり、いったん引きます。

33周目

ハミルトンがタイヤ交換に向かいます。最初で最後のピットストップでソフトタイヤに履き替えたハミルトン。ラップリーダーのポジションを保ったままコースインしました。

ベッテルがペレスを追い抜いて4番手に上がります。ペレスはすでにタイヤ交換を終えていますが、タイヤは古くなってきています。

34周目

クビアトがピットに向かいました。これで残すはナッサーだけがスタートと同じタイヤを履いています。

クビアトはサインツの後ろ9番手、バトンの目前でコースに戻りました。

35周目

最後にナッサーがタイヤ交換を完了! バトンとアロンソ、さらにはマッサの後ろでコースに復帰。

マクラーレン勢はポイント圏内に上がりましたが、マッサがアロンソを抜き、10番手にポジションを上げたため、アロンソは11番手に後退。

36周目

先頭のハミルトンは2番手以下に12秒以上のリードを築き、ベッテルが2番手、ペレスが3番手につけ、リカルド、ボッタス、ライコネン、サインツ、クビアト、マッサ、バトンの10名が入賞圏内のトップ10に並んでいます。

ライコネンがボッタスの前に出る! しかし、コースをわずかに飛び出した隙にボッタスがポジションを取り戻します! フィンランドの先輩後輩が抜きつ抜かれつの接近戦を繰り広げています!

37周目

周回遅れのマシンをかわしながら、ライコネンがボッタスを追いかけています。

38周目

3番手のペレスにリカルド、ボッタス、ライコネンが接近中。一気にオーダーが入れ替わる可能性も!

39周目

ハミルトンが1分40秒695のファステストラップをマークしました。2番手のベッテルとは13秒以上のギャップがありますが、まだ何があるか分からないレース。気は抜けません。

マッサがクビアトのリアをとらえました。2人は8番手のポジションを争っています。

40周目

リカルド、ボッタス、ライコネンのバトルは周回遅れのマシンを挟んでいるため、動きも少なくなっています。

ペレスとのギャップを縮めたいリカルドも必死にプッシュしています。

41周目

ザウバーのナッサーがバトンをかわして10番手に浮上。マクラーレンは2台ともポイント圏外に落ちています。

42周目

3番手のペレスは今のタイヤセットを履いてすでに29周を走り込んでおり、かなりきつくなっている様子。後ろのリカルドも同程度の周回数をこなしています。

43周目

この2人に比べると、ボッタスとライコネンのタイヤはまだ新しく、ラップタイムも速いようです。

44周目

残り10周を切ってボッタスがペースアップ! リカルドに仕掛けていきます!

45周目

ボッタスがリカルドに並ぶ! ストレートで前に出たボッタスはそのままポジションを守って4番手! リカルドは続いてライコネンのプレッシャーを受けます!

46周目

ライコネンがリカルドにオーバーテイクを仕掛けます! が、ブレーキングが遅れてコースを飛び出してしまい、リカルドがポジションを取り戻しました。

47周目

4番手に上がったボッタスがペレスをロックオン!

サインツのトロ・ロッソマシンはブレーキがかなり厳しい状況・・・ダストが上がっています・・・。

2回のスピンを喫してなおレースを続けようとするサインツ。

48周目

2回目のスピンでバリアにリアからぶつかってしまったサインツはリアウイングを破損。パーツをコース上に落としてしまい、黄旗が振られています。

サインツはマシンを止めます。

そしてライコネンがついにリカルドをオーバーテイク! 残り周回数は少ないながら、再度、ボッタスとのバトルに持ち込もうと必死です。

49周目

レッドブルがマシンを止めています・・・! リカルドです! 先ほどライコネンに抜かれたリカルドがここでマシンを降ります!

3番手のペレスにボッタスが接近中!

50周目

セクター2の黄旗はまだ解除されておらず、追い抜きはできません。

51周目

ペレスを追いかけるボッタスはどこで仕掛けていくでしょうか。

黄旗が解除されました。

52周目

先頭を走るハミルトンはリアウイングにトラブルがある様子。チームからDRSを使わぬよう指示が出ています。ハミルトンは一時13秒以上のリードを築いていましたが、現在はベッテルと8秒差。

ペレスとボッタスのバトルにライコネンが合流!!

ペレスは2台からのプレッシャーを受けながら、必死にポジションを守ろうとしています!

53周目

ハミルトンがファイナルラップに入った頃、ついにボッタスがペレスを追い抜きました! そしてライコネンもペレスを交わす!

ボッタスが表彰台圏内に入るも、ライコネンが追い抜く! が、接触!!!!

ボッタスがコースオフ! ライコネンもダメージを負ったようです! ペレスが2台をかわして3番手に再浮上!

ライコネンはなんとかレースを続けています!

ハミルトンが今、トップでチェッカーを受けました!

ベッテルが2位でゴール。

そして・・・ペレスが3位でチェッカー! フォース・インディアに表彰台をもたらしました!

4位マッサ、ライコネンが5位、以下、入賞はクビアト、ナッサー、マルドナド、バトン、アロンソが10位でマクラーレンがダブル入賞を達成しています。

フェルスタッペンが11位で完走、ボッタスは12位完走扱いとなりました。マノー・マルシャのメルヒとスティーブンスが13位と14位でフィニッシュ。

レッドブルのリカルドも15位完走扱いでした。

メルセデスのチャンピオンシップ優勝決定はならず。次のグランプリへと持ち越されます。

この後、ロシアを離れるF1サーカスは2週間を挟んで今季最後の連戦に挑みます。その舞台となるのはアメリカ・テキサス州オースティンと久々のカレンダー復帰を果たすメキシコです。オースティンで開催されるシーズン第16戦US GPは23日(金)に開幕。初回セッションは日本時間24時にスタート予定です。それではまた次回US GPでお会いしましょう!