Renault

/ News

  • カルロス・サインツ
  • 早期スイッチは2018年のために重要とサインツ
  • 2017年10月14日: シーズン終盤にルノーへのスイッチが可能となったことは、自分が来年トップレベルで戦うことを確実にするために必要不可欠だとカルロス・サインツが語っている。

  • トロ・ロッソ
  • ハートリー、US GPでデビュー決定!
  • 2017年10月14日: トロ・ロッソはUS GPで今年のル・マン24時間で総合優勝を飾ったブレンドン・ハートリーがチームのためにドライブすることを正式発表した。

  • ジョリオン・パーマー
  • パーマー、ルノー早期離脱は当然
  • 2017年10月10日: ルノーが残る2017年シーズンにカルロス・サインツを起用したいと明確化したこと受け、日本GPでチームを去ることになったジョリオン・パーマーはルノーとの別れが道理にかなっていると認めた。

  • 日本GP - ルノー - 決勝
  • パーマー、ルノーとのラストレースで12位完走
  • 2017年10月8日: 8日(日)、鈴鹿サーキットでシーズン第16戦日本GP決勝レースが開催され、ルノーのジョリオン・パーマーが12位完走を果たした一方、ニコ・ヒュルケンベルグはリタイアを喫した。

  • ルノー
  • パーマーが鈴鹿を最後にルノー離脱
  • 2017年10月7日: ルノーは7日(土)、今週末の日本GPをもってジョリオン・パーマーがチームを離れ、次戦US GPからカルロス・サインツが加入すると発表した。

  • ケビン・マグヌッセン
  • スチュワードの裁定が答えだと強気のマグヌッセン
  • 2017年10月5日: このところ仲間内からの批判が噴出しているハースF1チームのケビン・マグヌッセンだが、ペナルティが出ていないことが自身の正当性の証明だと考えており、アグレッシブなスタイルを変えるつもりは全くないと述べた。

  • フェリペ・マッサ
  • テストで結論は出ないだろうとマッサ
  • 2017年10月5日: ウィリアムズが自分の後任候補として考えているドライバーにテストの機会が与えられるからといって、それで2018年のドライバーラインアップがより鮮明になるとはフェリペ・マッサは考えていない。

  • ハースF1チーム
  • 反抗心、大いに結構とシュタイナー
  • 2017年10月4日: F1でケビン・マグヌッセンが"問題児のイメージ"を確立しつつあることについて、心配はしていないとハースF1チームのギュンサー・シュタイナー代表が述べている。

  • マレーシアGP - ルノー - 決勝
  • 散々なレースとなったルノー
  • 2017年10月1日: 1日(日)、シーズン第15戦マレーシアGP決勝レースでルノーのジョリオン・パーマーとニコ・ヒュルケンベルグは15位と16位にとどまり、入賞は果たせなかった。

  • マレーシアGP - ルノー - 予選
  • 予選で苦境を脱したヒュルケンベルグ
  • 2017年9月30日: 30日(土)に行われたシーズン第15戦マレーシアGP予選でルノーのニコ・ヒュルケンベルグは8番手につけ、ジョリオン・パーマーは12番手だった。

  • マレーシアGP - ルノー - 初日
  • ルノー、バランスの改善に集中
  • 2017年9月29日: シーズン第15戦マレーシアGP初日を迎えた29日(金)、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグとジョリオン・パーマーは2回目のフリー走行を9番手と11番手で終えた。

  • ジョリオン・パーマー
  • チームの決定に理解を示すパーマー
  • 2017年9月22日: カルロス・サインツと来年の契約を結んだチームの決定を受け入れているとジョリオン・パーマーは言う。

  • マクラーレン
  • 過去3年は「惨事」だったとブーリエ
  • 2017年9月20日: チームがHondaとパートナーシップを結んでいる間の競争力不足はマクラーレンの信用に大きなダメージを与えたとエリック・ブーリエが語っている。

  • ルノー
  • 今季初入賞のパーマー、長すぎた春
  • 2017年9月18日: 17日(日)に開催されたシンガポールGPでキャリア最高位となる6位フィニッシュを果たしたルノーのジョリオン・パーマーは同様の結果をシーズン序盤に達成できていれば将来が変わったはずだと明かした。

  • シンガポールGP - ルノー - 決勝
  • パーマーが初ポイント獲得
  • 2017年9月18日: シーズン第14戦シンガポールGP決勝レースが行われた17日(日)、ルノーのジョリオン・パーマーが6位入賞を果たした一方、一時2番手を走るシーンもあったニコ・ヒュルケンベルグはマシントラブルでリタイアを強いられた。

Top of the Page上へ