Renault

/ News

  • ルノー

来年にも2014年型エンジンを試すルノー

Kay Tanaka
2011年12月21日 « チャンドック、テストドライバー継続へ | 「シューマッハの不調は年齢のせい」とフレンツェン »
2014年に向けて新規定エンジンの開発を進めるルノー © Sutton Images
拡大
関連リンク

ルノーは2014年に向けて開発しているV6エンジンを2012年にもテストするようだ。

現行の2.4リッターV8エンジンが使われるのも2012年と2013年のみ。ルノー・スポールF1のジャン-フランソワ・コーベは、早めに2014年仕様のエンジンを試すことが重要と説いている。

ルノー・スポールF1は2012年にレッドブル、ロータス、ケータハム、ウィリアムズという4チームにエンジンを供給する予定だ。

「2014年に向けた新しい(V6)エンジンは現在のエンジンよりもより複雑なデザインとオペレーションになるため、適切なものにするのは大きな挑戦だ」と『nextgen-auto.com』に語るコーベは、こうも述べている。

「初めてのV6エンジンは2012年中盤に試す予定となっており、実戦型エンジンを投入するまでにすべての部分を調整および開発することになるだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.