Renault

/ News

  • ルノー

ルノー、グロージャンと契約!

Me
2011年12月9日 « ワトキンス博士が引退 | "トップチーム"返り咲きを狙うコバライネン »
今年のGP2タイトルを獲得したグロージャン。金曜プラクティスでその走りを印象づけた © Sutton Images
拡大

ロータス・ルノーGPがロマン・グロージャンとの契約を発表、キミ・ライコネンと並び、来シーズンのマシンをドライブすることになった。

2009年にフェルナンド・アロンソのチームメイトとして同チームでレースデビューしたグロージャンはヴィタリー・ペトロフの後任ということになるが、ペトロフの処遇については何も触れられていない。彼は確かに2012年の契約を結んでいたが、FIAがエントリーリストを発表した際にチームはキミ・ライコネンのチームメイトを"未定"としており、ペトロフ自身もチームが彼の将来を検討中であることを認めていた。

グロージャンのレースドライバー昇格は、『Total(トタル)』とチームのスポンサーシップ契約継続の発表と同時に行われた。グロージャンはチャンスを与えられたことに"興奮している"とコメント。

「2012年にチームのレースドライバーの1人になれるなんて、すごく興奮している」とグロージャン。「来年のマシンのステアリングを握れると考えただけで笑顔にならずにはいられない。このチャンスを与えられてすごく光栄だ。F1復帰にハングリーな元ワールドチャンピオンと一緒にレースができるのは素晴らしい経験になるし、僕のパフォーマンスレベル向上にもきっと役立つはず」

「GP2シリーズでの成功が自分の成熟の助けになったと思っているし、前回F1で戦った時よりもずっと完全なドライバーに近づいた。レースドライバーとしてエンストンに戻れるというのは、まるで家に帰ってきたような気分だ。決して失望はさせないし、みんなに感謝したい。彼らがいなければこのF1復帰は実現できなかった。2006年から僕をサポートし続けてくれている『Total(トタル)』、そして『Gravity Sport(グラビティ・スポーツ)』がその筆頭だ」

チーム代表のエリック・ブーリエは前任者のペトロフとブルーノ・セナの労をねぎらったが、グロージャンの昇格によって来シーズンのチームの発展が促進されるとの考えを語った。

「ロマン・グロージャンがキミの隣を走ることになり、うれしく思っている」とブーリエ。 「ロマンはこの12カ月間で、GP2シリーズ制覇やわれわれのサードライバーという経験を通して成熟を示してきた。アブダビとブラジルでの最初のプラクティスセッションでの走りには感心させられた。彼の正ドライバー昇格はわれわれの再建プロセスの助けになると確信している。今年のチームパフォーマンスに貢献してくれたヴィタリー・ペトロフとブルーノ・セナには感謝の言葉を伝えるとともに、2人の将来の幸運を祈っている」

© ESPN Sports Media Ltd.