Renault

/ News

  • ロバート・クビサ

クビサのケガは重傷と関係者

Jim
2011年2月6日 « ラリーでクラッシュを喫したクビサ、病院に搬送 | クビサ、右の手脚を骨折 »

ロバート・クビサに近しい関係者が明かしたところによると、クビサは"非常に重度のケガ"を負っているという。

クビサがラリーでクラッシュを喫したとの報を受けて、モーターレーシング界が正式な情報を待ちわびる中、ドイツの『SID通信』がクビサの"コンサルタント"だというステファーヌ・サムソンの説明を伝えている。

「はっきり分かっているのはロバートの命に別状はないということ。しかしながら、左手と左足に非常に重度のケガを負っている。とはいえ、これ以上のことは分かっていない」

当初は身体の内部を損傷し、大腿骨骨折、そしてひどくつぶされた手は外科医が切断を考えるほどだったとうわさされた。

詳細な報告は間もなく発表される見込みだ。

© ESPN Sports Media Ltd.