Renault

/ News

  • クラッシュゲート

ピケJr.、クラッシュゲートを語る

Me
2010年12月8日 « シュトゥック、ウェバーを賞賛 | エクレストンが後継者育成? »
嵐の前。シンガポールGPフリー走行の後、パドックを歩くピケJr. © Press Association
拡大

『Times(タイムズ)』紙の独占インタビューで、ネルソン・ピケJr.が2008年シンガポールGPの出来事について語った。後にクラッシュゲートスキャンダルとして知られる事件である。

日曜夜に起きたことについては何度も記事にされている。だがルノーF1は昨日の判決を受けて、ピケJr.とその父に対し謝罪し、"相当額"の損害賠償金を払うことになった。その後、ピケJr.が事件の詳細について口を開いたのはこれが初めてだ。

ルノーの2台はいずれも予選で後方に沈んだ――フェルナンド・アロンソ15番手、1つ後ろがピケJr.――レース開始の数分前、当時ルノー代表でピケJr.のマネジャー兼代理人でもあったフラビオ・ブリアトーレとエンジニアリングディレクターだったパット・シモンズは神経質になっていた。

やがて、シモンズがピケJr.の元にやってきた。「"2台ともグリッドの後ろなのは、分かるね"と彼は僕に言った。"何か特別なことでも起きない限り、どうにもならない状況だ"」ブリアトーレも同意し、何か特別なことが起きない限り、"チームにとって悲惨なレース"になると言った。

「僕はただ、座って聞いているしかなかった。話が見えなかったんだ」とピケJr.は言う。「2人ともすごくそわそわしていて、張り詰めた雰囲気だった。ここまで僕は何もしゃべっていないはずだ。フラビオが話を切り出したのは5分後、"いいか、われわれがここから抜け出して優位に立つには、いいタイミングでセーフティカーを出すしかない"と彼は言った」

「僕はただ座って彼らを見つめていた。2人はドイツで僕がピットインした直後に誰かがクラッシュし、レースで2番手になったときのことを思い出させた。フラビオが"チームを救いたいか?"と尋ねた。"おまえが正しい時にクラッシュすれば、すべてを変えられる"」

成績不振の続いていたピケJr.はプレッシャーを感じており、ブリアトーレは感情をあらわにした。「彼は普通のコミュニケーションができるタイプの人間じゃない。大声で命令し、相手の意見を聞くことなんてない。すべては単純明快。そしてすぐに同意しなければ怒り出すんだ。しばらく経つと、僕はすごくナーバスになった。彼が近くを歩くだけでも、プレッシャーを感じるようになった」

「F1で何とかして成功しなきゃと必死だったし、彼はいつも僕の運命を握っていることを警告し続けた。あらゆる手を尽くして彼を喜ばせようとしたけど、彼は批判しかしてくれなかった」

"何のつもりだ? おまえは今年何の結果も残しちゃいない。誰もおまえなんか欲しがらないぞ"
ピケJr.にブリアトーレが放った言葉

シーズンがシンガポールGPに差しかかる頃、ピケJr.は岐路に立たされていた。彼は2009年の契約更新を提示されていたものの、それはチームに有利な内容で、ライバルへのアプローチは禁じながら、新シーズン前に彼を解雇できるというものだった。彼の父はサインしないよう助言したという。「僕がためらっていると聞いたフラビオは怒り狂った」とピケJr.は語る。「彼は僕をオフィスに呼びつけ、わめき散らした。"何のつもりだ? おまえは今年何の結果も残しちゃいない。誰もおまえなんか欲しがらないぞ"って。僕はシンガポールの予選前父に電話して、もう耐えられないって叫んだのを覚えてる」

こうした背景の上でピケJr.はマシンを故意にクラッシュさせることに同意したという。「ほんの少しでも彼を喜ばせたいと必死だった。少しでも僕を認めてもらおうとね」

ピケJr.は従う意志を示し、3人は計画の詳細を話し合った。「彼らは14周目にセーフティカーを出したいと言った。それまで批判ばかりされていたから、チームのために役立てることに僕は喜びさえ感じていたよ。道徳的なことなど考えてもみなかった」シモンズが彼にサーキット図を見せ、クラッシュに最適な場所を指したという。そこは"クレーンも何もない"場所だった。

「周回を重ねるにつれ、これから起きることを考えたけど、自分のしようとしていることが信じられない気分だった。自分の安全よりもむしろ、チームの計画を台無しにしてしまったらどうしようと不安でいっぱいだった」

クラッシュの瞬間 © Sutton Images
拡大

「怖くて怖くて、息もできなかった。1周終わるたびにボードを凝視して、何周目か確かめたけど、暗くてほとんど何も見えないんだ」

「ラジオに向かって何度も叫んだ"何周目? 今何周目?"って。周回数を聞いて、気を引き締めなおした。これからしなきゃならないことは分かっていたから――それがどんなに信じられないことでも」

「14周目、シケインに近づき、胃が縮むような感じがした。とても怖かったよ、まるで夢の中にいるようだった。リアホイールを壁に当て、それからスロットルを開けて反対側の壁にクラッシュした。衝撃による痛みは感じなかったけど、アドレナリンは出続けてたよ。クラッシュの間中、僕はクルマをコントロールしていた」

計画はすべて成功した。セーフティカーが出て、アロンソは正しいタイミングでピットに入り、レースに勝利。一方、クラッシュは単純なミスというピケJr.の説明を気に留めた者はほとんどいなかった。「あとでフラビオが来て僕の背中を軽く叩き、"ありがとう"と言った」

それでこの件は終わったはずだったが、2009年半ばにルノーを解雇されたピケJr.はこの話をFIAに暴露。「正直に答えるなら、純粋に自分の良心からというよりは、フラビオに対する怒りが動機だったと思う」と彼は認める。

証言したことによって彼は責任を免除され、ルノーには執行猶予付きの2年間の出走停止、ブリアトーレとシモンズにはモータースポーツからの追放が言い渡されたが、2人は控訴し、3年間の停職処分に軽減された。

だがF1はピケJr.に背を向けた。彼はおそらく利用された側で、残りの者はより大きな利益のためにリスクを冒す準備ができていたはずだ。公平性を期すと、彼は決して多くのチャンスを広げるほどの結果を残してはいなかったかもしれない。だが、秘密を漏らした彼にチャンスを与えようという者はいなかった。

「振り返ると、大昔のことのように思えるけど、僕はこの影から決して逃れられないのは分かってる」と彼は言う。「自分の行為については全面的に謝罪するよ。ただ、人々には僕の抱えていたプレッシャーを理解してほしい。弁解はしない。でも僕はすごく不幸な人間だったんだ。今はもっと強くなったよ。同じことをもう一度求められたら、間違いなくノーと言える自信がある」

© ESPN Sports Media Ltd.