Renault

/ News

  • ルノー

F1の将来を懸念するゴーンCEO

ESPNF1 Staff
2009年11月24日 « シルバーストーン、開催契約まであと少し | F1からの完全撤退を決めたトヨタ »

ルノーのカルロス・ゴーンCEOは、F1が変わらなければ、参戦者の多くにとってF1が重要でなくなる危険性があると警告する。

ルノーの今後のF1活動に関するうわさがささやかれる中、最近、ゴーンCEOは年内に今後についての決断を下すと明かした。

『Forbes India(フォーブス・インディア)』のインタビューの中で、F1で直面する"チャレンジ"に言及したゴーンCEO。

「公平性や、F1がどのようにして環境問題と共に歩むのかといった困難がある。技術を通してゼロ・エミッション(廃棄物を他の資源として活用することで資源の循環を目指し、環境への影響をなくそうという構想)を成し遂げられるか? このようにF1については多くの疑問がある」

将来的にルノーにとってF1は重要であり続けるかとの問いには、「いくつかの懸念に回答がなければ、誰にとってもとても重要な物とは言えなくなるだろうと思う」と答えたゴーンCEOは次のように締めくくった。

「私は昨年このことを言及したが、その後、F1から3社の自動車メーカーが去っている。1年に3社だ! 解決しなければならない多くの問題があるということを意味している」

© ESPN Sports Media Ltd.