ルノー

ルノーのF1活動は間に休止期間があるものの、初めてF1でレースをしたのはジャン・ピエール・ジャブイーユをコックピットに座らせ、1台のマシンを送り込んだ1977年のイギリスGPだった。F1史上初のターボチャージャーエンジンを投入したルノーだが、そのカラーリングから"イエロー・ティーポット"という愛称がつけられるほど信頼性が乏しくリタイアが多発する。ルノーはこれまでにチームとして2度のコンストラクターズ選手権王者に輝いたことがあるが、エンジンサプライヤーとしてベネトンとウィリアムズにエンジンを供給した間にも5度のドライバーズタイトル、6度のコンストラクターズタイトルの獲得に貢献している。 ターボエンジンにこだわり続けたルノーは1978年にワトキンス・グレンで開催されたアメリカGPでジャブイーユが4位入賞を果たしてついにポイントを獲得した。同じくジャブイーユの操縦でターボエンジンを搭載したルノーのマシンがトップチェッカーを受けたのは1979年フランスGPだ。同グランプリではチームメイトのルネ・アルヌーも3位フィニッシュを果たしている。この年、ルノーはコンストラクターズ選手権6位でシーズンを終えた。

1982年にはアラン・プロストが加わり、翌年はプロストが4勝を挙げてチームのランキング2位という結果に貢献。

しかし、それから3年後、ルノーはコンストラクターとしてのF1活動に終止符を打つ。それでもロータスへのエンジン供給は続けていたが、1986年には完全にF1から撤退している。

再びエンジンサプライヤーとしてルノーがF1に戻ってきたのは1989年。ウィリアムズへの供給と共に、ベネトンにもエンジンを提供し始める。1990年代はルノーエンジンの黄金期とも言われ、ウィリアムズが1992年から1994年に3連覇、1996年と1997年に2年連続してコンストラクターズ選手権を制覇した。また、ウィリアムズがタイトルを逃した1995年は同じくルノーがエンジンを供給するベネトンがチャンピオンに輝いている。

これだけの偉業にもかかわらず、ルノーは再び1997年にF1を去る。その後、2000年にベネトンからF1チームを買収、2001年からエンジンサプライヤーとなっていたルノーが2002年にコンストラクターとしてF1に完全復帰した。

強力な形で復活を遂げ、ランキング4位につけたにもかかわらず、上位勢との戦いには苦戦を強いられたルノー。2003年はフェルナンド・アロンソが2度のポールポジションと1勝を記録するも、前年同様、チャンピオンシップは4位で終えた。翌年のモナコGPではヤルノ・トゥルーリが勝利を収めるも、この年限りでチームを去っている。

そして迎えた2005年。ついにルノーが常勝チームの仲間入りを果たす。力のあるシャシーR25をジャンカルロ・フィジケラとアロンソという実力派ドライバーが操った結果、アロンソがライバルのキミ・ライコネンを抑えて史上最年少のチャンピオンに君臨。チームも最終戦中国GPで、し烈なタイトル争いを繰り広げてきたマクラーレンを見事に破り、コンストラクターズ選手権を勝ち取った。2006年もアロンソとルノーが連覇を果たしたが、アロンソは同シーズンをもってマクラーレンに移籍する。

アロンソが離脱したルノーはグランプリウイナー常連とは言えないフィジケラと、F1フル参戦初年度でタイトル争いに絡める可能性はありそうもないルーキーのヘイキ・コバライネンのコンビをレースドライバーに起用。フィジケラのシーズンは高い信頼性を持って始まったかに思えたが、中盤以降は厳しいスタートを切ったルーキーのコバライネンの方が力を見せつけ、日本GPで初表彰台となる2位という結果を残している。これがルノーにとっては同シーズン唯一の表彰台だった。

翌年、アロンソを取り戻し、その新パートナーにネルソン・ピケJr.を起用したルノーはアロンソの活躍により、シンガポールと日本で表彰台の頂点に上る。

2009年も同じラインアップで戦いに挑んだルノーだったが、それまでのシーズンには遠く及ばないパフォーマンスで、ハンガリーGP終了後にはピケJr.が更迭され、新たにロマン・グロージャンがレースシートに座ることになった。

解雇されたピケJr.は2008年シンガポールGPでアロンソの優勝を手助けするため、故意にクラッシュするよう命ぜられたことをFIAに告白。"クラッシュゲート"騒動がぼっ発した。何週間にもわたって紙上をにぎわせたクラッシュゲート騒動は、チームを率いてきたフラビオ・ブリアトーレとテクニカルディレクターのパット・シモンズへの処分で幕を閉じる。シモンズが5年間、ブリアトーレはモータースポーツから永久的な追放処分を受けた。ルノーにも処分が下されたが、2年間の執行猶予が付いている。

ブリアトーレの後任としてチーム代表にはボブ・ベルが就くも、騒動の影響はこの先もルノーに大きく響くことだろう。コース上では、ノーポイントに終わったグロージャンの一方で、アロンソがチームの総得点26ポイントを一人で稼ぎだし、ルノーはコンストラクターズ選手権を8位で終えた。