Red Bull

/ News

前の年代 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 | 2020 次の年代
1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | その他
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | その他
  • アゼルバイジャンGP - フェラーリ - 決勝
  • ベッテル、「タイヤを機能させられなかった」
  • 2019年4月29日: 28日(日)に開催されたシーズン第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースでフェラーリのセバスチャン・ベッテルが3位表彰台に上り、シャルル・ルクレールは5位入賞を果たしてポイントを手に入れた。

  • アゼルバイジャンGP - レッドブル - 決勝
  • ガスリーのリタイア原因はドライブシャフト
  • 2019年4月29日: シーズン第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースが開催された28日(日)、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが4位入賞を果たした一方、ピエール・ガスリーはギアボックストラブルによりリタイアを喫した。

  • アゼルバイジャンGP - ハースF1 - 決勝
  • 問題解決の道を探し続けるハースF1
  • 2019年4月29日: 28日(日)、シーズン第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースに挑んだハースF1のケビン・マグヌッセンは13位で完走し、ロマン・グロージャンはリタイアを喫した。

  • アゼルバイジャンGP - ルノー - 決勝
  • ミスを謝罪するリカルド
  • 2019年4月29日: 28日(日)、シーズン第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースに挑んだルノーはニコ・ヒュルケンベルグが14位完走にとどまり、ダニエル・リカルドはリタイアを喫した。

  • ダニエル・リカルド
  • リカルドに次戦3グリッド降格処分
  • 2019年4月29日: アゼルバイジャンGPでトロ・ロッソのダニール・クビアトとの接触を引き起こしたとして、ルノーのダニエル・リカルドに次戦での3グリッド降格処分が科せられた。

  • アゼルバイジャンGP - ピレリ - 決勝
  • 戦略にバリエーションが見られたとピレリ
  • 2019年4月29日: 28日(日)に開催されたシーズン第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースはメルセデスのバルテリ・ボッタスが1ストップ戦略でポール・トゥ・ウインを飾った。

  • アゼルバイジャンGP - 決勝
  • ボッタス2勝目、メルセデスが4連続1-2!
  • 2019年4月28日: バクー市街地サーキットにて28日(日)、2019年FIA F1世界選手権第4戦アゼルバイジャンGP決勝が行われ、バルテリ・ボッタスがポール・トゥ・ウインを決めて今季2勝目を挙げた。

  • ピエール・ガスリー
  • 燃料流量超過によりガスリーの予選結果剥奪
  • 2019年4月28日: シーズン第4戦アゼルバイジャンGP予選中の燃料流量が制限を超えていたとして、レッドブルのピエール・ガスリーが予選結果から除外された。

  • アゼルバイジャンGP - ピレリ - 予選
  • ピレリ、何事もなければ「1ストップ確実」
  • 2019年4月28日: 27日(土)、シーズン第4戦アゼルバイジャンGP予選はメルセデスのバルテリ・ボッタスがソフトタイヤで1分40秒495をたたき出し、ポールポジションを獲得した。

  • アゼルバイジャンGP - ハースF1 - 予選
  • 苦戦が続くハースF1
  • 2019年4月28日: 27日(土)に行われたシーズン第4戦アゼルバイジャンGP予選でハースF1のケビン・マグヌッセンは14番手、ロマン・グロージャンは17番手でQ1敗退を喫した。

  • アゼルバイジャンGP - 予選
  • 中断2回の荒れた予選でボッタスがポールを奪取!
  • 2019年4月28日: 27日(土)、2019年FIA F1世界選手権第4戦アゼルバイジャンGP予選が実施され、2回の中断を経てメルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。

  • アゼルバイジャンGP - 土曜フリー走行
  • 好調のルクレールがトップをキープ
  • 2019年4月27日: 27日(土)、バクー市街地サーキットにて2019年FIA F1世界選手権第4戦アゼルバイジャンGP土曜フリー走行が実施され、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムを刻んだ。

  • アゼルバイジャンGP - アルファロメオ・レーシング - 初日
  • マシンに満足しているとジョビナッツィ
  • 2019年4月27日: 26日(金)、シーズン第4戦アゼルバイジャンGP初日に実施された2回目のフリー走行でアルファロメオ・レーシングはアントニオ・ジョビナッツィが12番手、キミ・ライコネンが14番手につけた。

  • アゼルバイジャンGP - ルノー - 初日
  • グリップ不足に苦しんだルノー
  • 2019年4月27日: シーズン第4戦アゼルバイジャンGP初日を迎えた26日(金)、ルノーのダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグは2回目のフリー走行を15番手と17番手で終えた。

  • アゼルバイジャンGP - ピレリ - 初日
  • ミディアムとソフトの差を1.7秒程度と見るピレリ
  • 2019年4月27日: 26日(金)、シーズン第4戦アゼルバイジャンGP初日に実施された2回目のフリー走行はフェラーリのシャルル・ルクレールがピレリのソフトタイヤ(C4)でトップタイムを刻んだ。

  • アゼルバイジャンGP - ウィリアムズ - 初日
  • ほぼ走行できずも前向きさを保つラッセル
  • 2019年4月27日: 26日(金)、シーズン第4戦アゼルバイジャンGP初日に実施された2回目のフリー走行でウィリアムズのロバート・クビサは19番手タイムを残した。

  • アゼルバイジャンGP - 金曜フリー走行2回目
  • 最速ルクレールにベッテルが続く、2回の赤旗中断
  • 2019年4月26日: バクー市街地サーキットを舞台に26日(金)、2019年FIA F1世界選手権第4戦アゼルバイジャンGP金曜フリー走行2回目が実施され、フェラーリンのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。

  • アゼルバイジャンGP - 金曜フリー走行1回目
  • 路面トラブルによりセッションはわずか30分で終了
  • 2019年4月26日: 26日(金)、バクー市街地コースで2019年FIA F1世界選手権第4戦アゼルバイジャンGP金曜フリー走行1回目が実施されるも、路面のトラブルによりセッションは3分の1の時間を待たずして終了を迎えた。

Top of the Page上へ