Red Bull

/ News

前の年代 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 | 2020 次の年代
1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | その他
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | その他
  • バーレーンテスト - ルノー - 最終日
  • 旧型車からの改善を感じたとエイトケン
  • 2019年4月4日: 3日(水)、バーレーンテスト最終日の作業に取り組んだルノーはジャック・エイトケンがドライブを担当し、103周を走って14番手タイムを残した。

  • バーレーンテスト - ウィリアムズ - 最終日
  • FW42の初走行に臨んだラティフィ
  • 2019年4月4日: 3日(水)、バーレーンテスト最終日を迎えたウィリアムズはニコラス・ラティフィと共にプログラムに取り組み、ラティフィは100周を走って15番手タイムを残した。

  • バーレーンテスト - レーシング・ポイント - 最終日
  • レーシング・ポイントは空力作業とタイヤ評価に専念
  • 2019年4月4日: 3日(水)、バーレーンテスト最終日の作業に取り組んだレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスとランス・ストロールは合計96周を走り、それぞれ2番手と8番手のタイムを残した。

  • バーレーンテスト - マクラーレン - 最終日
  • 全体的にポジティブなテストだったとマクラーレン
  • 2019年4月4日: 3日(水)、マクラーレンのバーレーンテスト最終日はカルロス・サインツとランド・ノリスの両レースドライバーが作業を担当し、フェルナンド・アロンソは引き続きピレリのタイヤ開発に協力した。

  • バーレーンテスト - ハースF1 - 最終日
  • 良いテストになったとグロージャン
  • 2019年4月4日: 3日(水)、バーレーンテスト最終日を迎えたハースF1のプログラムはレースドライバーのロマン・グロージャンとテストドライバーのピエトロ・フィッティパルディが分担して取り組んだ。

  • バーレーンテスト - レッドブル - 最終日
  • RB15の初ドライブに臨んだティクトゥム
  • 2019年4月4日: バーレーン・インターナショナル・サーキットで実施されたインシーズンテスト最終日の3日(水)、レッドブルはダニエル・ティクトゥムに走行機会を与えた。

  • バーレーンテスト - トロ・ロッソ - 最終日
  • 空力テストとタイヤ評価に集中したトロ・ロッソ
  • 2019年4月4日: 3日(水)、バーレーンテスト最終日のプログラムに取り組んだトロ・ロッソのアレキサンダー・アルボンは143周を走破し、7番手タイムをマークした。

  • バーレーンテスト - アルファロメオ・レーシング - 最終日
  • ミック、初日の経験を生かしつつ70周を走行
  • 2019年4月4日: バーレーンテスト最終日を迎えた3日(水)、アルファロメオ・レーシングは前日にフェラーリをドライブしたミック・シューマッハと共にテストプログラムを進めた。

  • バーレーンテスト - メルセデス - 最終日
  • ラッセルがプログラムを担当
  • 2019年4月4日: 3日(水)、バーレーンテスト最終日を迎えたメルセデスはジュニアドライバーであり、ウィリアムズのレースドライバーを務めるジョージ・ラッセルと共にプログラムに取り組んだ。

  • バーレーンテスト - ピレリ - 総括
  • 来季タイヤの開発作業に励んだピレリ
  • 2019年4月4日: バーレーン・インターナショナル・サーキットで全10チームがテストプログラムに取り組んだ3日(水)、ピレリは2日間にわたる来季のタイヤ開発作業を完了した。

  • バーレーンテスト
  • バーレーンテスト最終日:4月3日
  • 2019年4月4日: 3日(水)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで実施されたインシーズンテスト最終日はウィリアムズからメルセデスに乗り換えたジョージ・ラッセルがトップタイムを刻んだ。

Top of the Page上へ