Red Bull

/ News

前の年代 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 | 2020 次の年代
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | その他
  • バーレーンGP - レッドブル - 予選
  • バランスに苦戦したレッドブル
  • 2019年3月31日: シーズン第2戦バーレーンGP予選が行われた30日(土)、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは5番手につけ、ピエール・ガスリーは13番手でQ2敗退を喫した。

  • バーレーンGP - マクラーレン - 予選
  • そろってQ3進出を果たしたサインツとノリス
  • 2019年3月31日: 30日(土)に行われたシーズン第2戦バーレーンGP予選でマクラーレンのカルロス・サインツが7番手、ランド・ノリスが10番手でそろって予選トップ10入りを果たした。

  • バーレーンGP - レーシング・ポイント - 予選
  • 戦略を生かして入賞を目指すとペレス
  • 2019年3月31日: 30日(土)、シーズン第2戦バーレーンGP予選でレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスは14番手、ランス・ストロールは18番手に終わった。

  • バーレーンGP - フェラーリ - 初日
  • サヒールで速さを示したフェラーリ
  • 2019年3月30日: 29日(金)に開幕したシーズン第2戦バーレーンGP初日、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは後半のセッションでタイムシート上位を独占した。

  • バーレーンGP - ウィリアムズ - 初日
  • まだまだ課題は多いウィリアムズ
  • 2019年3月30日: 29日(金)、シーズン第2戦バーレーンGP初日に実施された2回目のフリー走行でウィリアムズのジョージ・ラッセルとロバート・クビサは19番手と20番手だった。

  • バーレーンGP - マクラーレン - 初日
  • まずまずのスタートを切ったマクラーレン
  • 2019年3月30日: 29日(金)、シーズン第2戦バーレーンGP初日に臨んだマクラーレンは2回目のフリー走行でランド・ノリスが8番手に入り、カルロス・サインツは11番手だった。

  • バーレーンGP - ハースF1 - 初日
  • バトルに自信を見せるハースF1勢
  • 2019年3月30日: 29日(金)、シーズン第2戦バーレーンGP初日に実施された2回目のフリー走行でハースF1のケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは7番手と9番手につけた。

  • バーレーンGP - トロ・ロッソ - 初日
  • 初日の出来に満足するトロ・ロッソ
  • 2019年3月30日: 29日(金)、シーズン第2戦バーレーンGP初日のセッションに臨んだトロ・ロッソは後半のフリー走行でダニール・クビアトが10番手に入り、アレキサンダー・アルボンは13番手につけた。

  • バーレーンGP - レーシング・ポイント - 初日
  • 「チャレンジングな1日」とペレス
  • 2019年3月30日: 29日(金)に開幕したシーズン第2戦バーレーンGP初日、レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスとランス・ストロールは2回目のフリー走行を14番手と17番手で終えた。

  • バーレーンGP - ピレリ - 初日
  • 「タイヤには満足」とピレリ
  • 2019年3月30日: シーズン第2戦バーレーンGPが開幕した29日(金)、2回のフリー走行はいずれもフェラーリドライバーが最速タイムを刻み、夜に行われた後半のセッションはセバスチャン・ベッテルが1分28秒846をマークした。

  • フェルナンド・アロンソ
  • テストは完全復帰の前触れにあらずとアロンソ
  • 2019年3月30日: 来週、マクラーレンのF1マシンをテストするからといって、これが2020年のシリーズ復帰に向けた第一歩だと解釈してはいけないとフェルナンド・アロンソが述べている。

  • ルイス・ハミルトン
  • 人種差別に「立ち上がれ」とハミルトンが呼び掛け
  • 2019年3月29日: サッカー選手に対する差別的チャントの問題を憂慮するルイス・ハミルトン。社会のあらゆる立場にある人々が人種差別根絶のために立ち上がり、戦うことが重要だと彼は述べた。

  • フェラーリ
  • バーレーンで真価を問われるフェラーリ
  • 2019年3月23日: プレシーズンテストを終えた段階では、予選ラップでもロングランでもSF90が最も優れていると考えられていたが、アルバート・パークでの様相は明らかに違った。

  • レッドブル
  • タイトル争いを口にするのは時期尚早とホーナー
  • 2019年3月21日: Hondaとの新しいパートナーシップの始まりに順調な滑り出しを見せたレッドブルだが、これで自分たちをタイトル争いの一員だと考えるのは時期尚早だとクリスチャン・ホーナー代表は考えている。

Top of the Page上へ