Red Bull

/ News

  • レッドブル

新車のデビュー担当はウェバー

Me
2013年1月23日 « ピレリテストドライバーに可夢偉の名 | F1を脅かす"財政危機" »
今年も変わらないレッドブルコンビ © Press Association
拡大

来月初めにレッドブルの2013年マシン、RB9をコースデビューさせるのはマーク・ウェバーだ。

オーストリアチームで過去3年にわたりドライバーズタイトルを獲得しているのはチームメイトのセバスチャン・ベッテルだが、2013年のプレシーズンテストで2月5日(火)と6日(水)にまず最初にステアリングを握るのはオーストラリア人のウェバーとなる。

ブラジル『Totalrace(トータルレース)』によると、ドイツ人のベッテルは3日目にドライブするという。

36歳のウェバーは2012年にもタイトルを獲得することになるレッドブルのマシンをデビューさせている。

「僕の考えでは――特にレースでは――今年もベッテルがリードするだろうけど、予選ではウェバーもいいところにつけるんじゃないかと思う」と元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは『Speed Week(スピード・ウイーク)』に語った。

「チームはたぶんベッテルの方に力を入れたんだろう。彼がタイトルを取れることはよく分かっているし、セバスチャンの方がウェバーより長くいるだろうからね」と彼は付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.