Red Bull

/ News

  • レッドブル

ペースはあったとベッテル

Jim
2012年7月30日 « ハミルトンはチームに残るべき | バトン、フェラーリとのコンタクトを否定せず »
ハンガリーでは4位以上の結果を残せたはずだと言うベッテル © Press Association
拡大
関連リンク

レッドブルのセバスチャン・ベッテルはハンガリーGP決勝レースを4位以上の位置で終えるペースはあったと考えているようだ。

3番グリッドからスタートしたベッテルはオープニングラップでジェンソン・バトン(マクラーレン)に先行を許し、結果的に上位のルイス・ハミルトン(マクラーレン)とロマン・グロージャン(ロータス)に遅れてしまった。最初のピットストップでバトンからポジションを奪い返したベッテルだが、ロータスのキミ・ライコネンが2回目のピットストップ終了後に先頭集団に加わったため、ベッテルは4番手に後退している。

「今日は自分たちが成し遂げられた結果ではないかもしれない。僕たちのスピードはあれよりももう少し良かったんだ。ジェンソンがかなりスローだったのは明らかだし、そこでだいぶ時間をロスした上に、トラフィックのせいでピットに入った後はクリーンなスペースを得られなかった。自分たちにできることはあまりなかったと思う」

レース終盤に3度目のピットストップを行ったことについて、タイヤの状態から必要に迫られてのピットインではなかったと明かしたベッテル。それでも、終盤に上位勢のタイヤが劣化するはずだと踏んだチームは前のマシンを追い抜くのに最善の策だと判断したようだ。

「彼らのタイヤがダメになってきた場合に備えて何かやらなきゃいけないと思った。でもそうはならなかった。次にもう一度がんばるよ」

シーズン前半戦を終えてチャンピオンシップリーダーのフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)に42点差をつけられているベッテルは、タイトル争いに残るべくレースをより良い位置でスタートできるように取り組んでいくとも語った。

「(チャンピオンシップリーダーの)アロンソより前でフィニッシュできたけど、大差ではない。レースペースはとてもいい感じだから、今後、もっといいスタートにできるかどうかは僕たち次第だ。予選でひとつかふたつのポジションを失うと、違ったレースになるからね」

© ESPN Sports Media Ltd.