Red Bull

/ News

  • レッドブル

ダブルスタンダードを非難するマルコ博士

M.S.
2012年7月24日 « ザウバー、強敵メルセデスがターゲット | ライコネンに欠点なし »
表彰台でのセレモニー後に20秒加算のペナルティ © Press Association
拡大

レッドブルのコンサルタントであるヘルムート・マルコ博士がFIAはしばしばペナルティの裁定に"ダブルスタンダード"を使うとして非難している。

22日(日)にはレッドブルのセバスチャン・ベッテルが2位でチェッカーフラッグを受けたものの、マクラーレンのジェンソン・バトンをコース外からパスしたことでペナルティを科されて5位に後退した。

マルコはベッテルに落ち度はないとオーストリアの『Servus TV(セアブスTV)』に主張する。

「すべての状況の引き金となったのはバトンだ。彼はセバスチャンに場所を残さず、彼を押し出した。セバスチャンは接触を避けるために引かざるを得なかった」

多くの専門家がベッテルの動きをニコ・ロズベルグ(メルセデス)がバーレーンGPで見せた動きと結びつけて考えており、このときのロズベルグには罰則はなかった。マルコは"被告"には"疑わしきは罰せず"の精神が適用されることが多いと指摘する。

「今回はそうならなかった。苦い後味が残っている。ダブルスタンダードだ」

マルコにとっては不運なことに、パドックの住人の多くはその見方に同意しない。フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグはベッテルの動きが"正しくなかった"と話した。

また、『ORF』のコメンテーターであるアレキサンダー・ブルツは「ルールはとてもはっきりしている。アドバンテージがない限り、4輪のすべてがコース外に出てもいいんだ」とコメント。

元トロ・ロッソドライバーのハイメ・アルグエルスアリも「ベッテルのオーバーテイクは完全にルール違反だと思う。彼は明らかにコースの境界線外にいた」と付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.