Red Bull

/ News

  • レッドブル

レッドブル、フロアの穴に疑いの目

Me
2012年5月27日 « 何か違うことをやらないと、とバトン | ベッテルがフェラーリと2014年の仮契約と英紙 »
バーレーンとモナコを制したレッドブルのマシンに疑惑の目が向けられた © Getty Images
拡大

F1に新たな技術論争がぼっ発した。

27日(日)、複数のソースがエイドリアン・ニューイ設計のRB8のフロアに開いた穴を目撃しており、これは違法ではないかとライバルの"数チーム"が疑いを抱いている。

最も気分を損ねているのはマクラーレン、メルセデス、フェラーリだといわれ、モナコの結果に対し抗議が申し立てられる可能性もある。

『Sunday Times(サンデー・タイムズ)』の報告によると、問題の"穴"は"リアタイヤ前のステッププレーン表面に設けられている"とのこと。

セバスチャン・ベッテルが初優勝したバーレーンで初登場したもので、FIAは認可済みだという。

レッドブルのクリスチャン・ホーナーは"マシンが間違いなく規約に準拠したもの"だと主張している。

「マシンがレギュレーションに準拠しているという点には何の不安も抱いていないし、変える予定もない」

© ESPN Sports Media Ltd.