Red Bull

/ News

  • レッドブル

レッドブルの前進を強調するウェバー

Jim
2012年3月24日 « メルセデスのスタートを警戒するバトン | フェラーリ、プルロッドサスペンションから撤退? »
マレーシアではトップに接近するも、4番手にとどまるウェバー © Getty Images
拡大
関連リンク

レッドブルのマーク・ウェバーは予選中にチームが上位グリッドに近づけていたと考えているようで、より優れたレースペースを維持できるよう願っていると明かした。

オーストラリアGP予選ではポールシッターに輝いたルイス・ハミルトン(マクラーレン)から0.7秒以上離されていたものの、レースではウェバーもセバスチャン・ベッテルも見劣りしないペースを披露している。

マクラーレンのハミルトンはマレーシアでもポールポジションを獲得しており、ウェバーはジェンソン・バトン(マクラーレン)とメルセデスのミハエル・シューマッハに次いで4番手だったものの、ハミルトンとのギャップに励まされていると言い、接戦のグリッド争いはF1にとっていいことだと語った。

「それほど悪くなかったし、まずまずの走りだった。メルボルンでは予選よりもレースの方が少し強さを発揮できたから、今日はポールと0.2秒か0.3秒くらいの差だし、そのギャップを考えると正しい方向に前進できているんだと思う。明日、どう攻めるかを考えていく。メルボルンからマシンは進歩を遂げている。前方の4列はかなりタイトだし、素晴らしいパフォーマンスを見せているチームが結構いるからファンにとってはいいことだよね」

また、マクラーレンの両ドライバーがフロントローを独占した理由について、ウェバーは2人が激しく匹敵していたからだと話した。

「彼らのP3(土曜フリー走行)がスムーズにいかなかったことは明らかだけど彼らは強い。予選では強力だし、ショートランのパフォーマンスは素晴らしい。ルイスは1ラップにかなり強いみたいだから、必然的にJB(バトン)は挑まざるを得なくなるし、そのレベルまで上がらないといけないんだ。今日彼がそうしていたようにね。だから、それがチームを底上げしているんだと思うし、チームを前進させているんだと思う。明日は彼らを手こずらせてやらなきゃね」

© ESPN Sports Media Ltd.