Red Bull

/ News

新たな戦いに向けて充電するベッテル © Getty Images
拡大
関連リンク

レッドブルのセバスチャン・ベッテルは3年連続の世界タイトル獲得を目指す新車を早く見たいと切望している。

「皆が新車に興味津々なんだ」と『BBC』に語るベッテルはこう続けた。

「まとまっているところ。子供が生まれるような感じだね。僕はパパじゃないけど、皆がどんな具合か教えてくれる。今年は皆が本当に満足しているからそれ以上聞くのは野暮かもね。2011年に匹敵できてもっとうまくやれれば最高さ」

「またゼロからのスタートだし、誰もが同じだけのチャンスを手にしている。僕は競争を楽しみにしているんだ」

また、クリスマスと新年には数日の休暇を予定しているというベッテルは「オフシーズンがそんなにあるわけじゃないから、システムダウンしてゆっくりしながら充電するのは本当に重要なこと・・・F1を忘れるわけではないけどちょっとの間だけすべてのストレスを忘れるんだ」とも語っている。

一方、同じインタビューでマクラーレンのジェンソン・バトンはベッテルのシーズンを称え、次のようにコメントした。

「最初の数戦はあんまり心配していなかったけど(ベッテルの優勝が)続いていくうちに心配し始めた。2010年は彼がたくさんのミスをしたのに勝ったからビックリもしたけれど、2011年は彼が生き生きとしていたし本当にファンタスティックだったと思う」

© ESPN Sports Media Ltd.