Red Bull

/ News

  • レッドブル

ウェバー、レッドブル離脱の予定なし

Me
2010年11月5日 « ヴァージン代表、エクレストンに反撃 | 2010年第18戦ドライバーコメント初日 »
レッドブルを去るつもりはないというウェバー © Getty Images
拡大

チームがセバスチャン・ベッテルをひいきしているとの4日(木)の発言にもかかわらず、マーク・ウェバーがシーズン末でレッドブルを去ることはなさそうだ。

技術的に2人を対等に扱っていたとしても、レッドブルが個人的レベルでベッテルを支持しているのは"明らかだ"とブラジルでリポーターたちに語ったウェバー。この発言によって5日(金)のパドックでは、彼がシーズン末で引退するか、あるいは別のチームに移籍するのではないかとのうわさが広まった。だがウェバーは来季の1年契約を全うするつもりだという。

「それ(チームを去るという話)はちょっと飛躍しすぎだね」と彼はリポーターたちに語った。「僕は、今日みたいに自分がドライビングを楽しめる限り、そしてそれなりのパフォーマンスができる限りはここにいるつもりだよ――これから数カ月の間に運転の仕方を忘れてしまわなければの話だけど」

チームとの関係が損なわれたことを彼は否定し、先のコメントはレッドブル内の一部派閥に向けてのものだったことをほのめかした。

「問題ない」と彼は付け加えた。「昨日のコメントは、それほど驚きをもって受け止められなかったはずだ。チーム内は問題ない。大丈夫だよ。僕は必要な人たちとはいい関係を築いている。いい仕事ができるよう、技術的に大きなチャンスを与えてくれる人たちとね。それが最も重要なことなんだ」

© ESPN Sports Media Ltd.