Red Bull

/ News

  • レッドブル

レッドブルの2020型マシンRB16が登場

Me
2020年2月12日 « 今年は無用なドラマを避けたいフェラーリ | 中国GPは中止または延期が濃厚 »
© Red Bull Content Pool
拡大

レッドブルが2020年の新車の画像を公開した。マシンはこれからシルバーストーンで初走行することになっている。

ホンダエンジンを搭載した新車をドライブするのはマックス・フェルスタッペンで、各チームに認められている100kmのフィルミングデーを1日分消化する。カラースキームは昨年とほとんど同じように見受けられ、チームも"カラーリングは長持ちするように作られている"と冗談交じりのコメントを添えた。

「準備完了。RB16を解放しにいこうか」

フェルスタッペンは2019年、日本のエンジンパートナーとレッドブルが組んだ初めてのシーズンで3勝を挙げた。年明けに2023年までの契約延長にサインし、ドライバーマーケットからは姿を消した。パートナーとして昨年半ばにトロ・ロッソから昇格したタイ人ドライバーのアレキサンダー・アルボンが上位チームで初めてのフルシーズンを迎える。

今シーズンのレッドブルはHondaとのパートナーシップによってさらなる進展を期待している。2021年に大規模なルール変更が控えていることから、レッドブルの新車もこれまで発表されたチームたちと同様に、革命型ではなく前のコンセプトの進化版になっている。

「めっちゃ早いよ!」

© ESPN Sports Media Ltd.