Red Bull

/ News

  • レッドブル

フェルスタッペンがレッドブル残留、2023年まで契約延長

Jim
2020年1月7日 « 選手権争いに自信を見せるフェルスタッペン | Wシリーズ王者チャドウィックが育成プログラム残留 »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

マックス・フェルスタッペンがレッドブルとの契約を2023年まで延長し、メルセデス移籍に関するうわさに終止符を打った。

残留を決めたフェルスタッペンの決断はレッドブルとHondaとのパートナーシップに対する断固たる指示であり、提携が始まった昨季はオーストリア、ドイツ、ブラジルで優勝を遂げている。昨年終盤にはHondaがレッドブルとトロ・ロッソに2021年までエンジンを供給し続けることも明かされた。

このチームと共にチャンピオンシップに勝ちたいと言うフェルスタッペンは『Twitter(ツイッター)』でこうつぶやいている。

「2023年までレッドブルが自分のホームであり続けることになって本当にうれしいし、ハッピーだ。僕たちはこの旅路を一緒にスタートさせ、その初日からみんなが僕をサポートしてくれた。レッドブルとHondaと一緒に勝ちたい。僕らの目標は共に世界選手権を戦うことと。まだまだこれからだ!」

フェルスタッペンの契約は2020年末に満了する予定だったこともあり、メルセデスに移籍するのではないかともささやかれていたが、今回の契約延長によってドライバー市場からは姿を消す。

フェルスタッペンは2015年のそのデビューから一気にスターダムにのし上がった。トロ・ロッソからレッドブルに昇格した直後に挑んだ2016年スペインGPで初勝利、F1史上最年少優勝ドライバーとして歴史に名を刻んでいる。以降、7勝をマークしたフェルスタッペンは2020年代にチャンピオンシップ制覇を成し遂げる可能性のあるドライバーとして考えられている。

レッドブルは2020年に昨季の3勝よりも多くのレース優勝を遂げられると静かなる自信を持って2019年シーズンを締めくくった。かつては連覇も達成した元チャンピオンチームのレッドブルは2021年にやってくる大幅なレギュレーション変更のタイミングが、再びグリッド上位を支配するために完璧な機会になると見ているようだ。

その変更が迫る中、レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは2020年以降もフェルスタッペンを残留させることが必要不可欠だったと明かす。

「2021年のレギュレーション変更というチャレンジが迫る中、できるだけ多くのエリアにおいて継続性が重要だ。マックスは彼がいかにチームにとって大事であるかを証明してきた。着実に前進しているエンジンパートナーであるHondaとのパートナーシップを心から信じてくれている。彼との関係を延長できたことをうれしく思う」

© ESPN Sports Media Ltd.