Red Bull

/ News

  • フェルナンド・アロンソ

F1現役ベストドライバーはフェルスタッペンだとアロンソ

Me
2019年11月15日 « アルボンがレッドブル残留、トロ・ロッソコンビ続投 | 戴冠祝福のメッセージに感動するハミルトン »
© TOYOTA GAZOO Racing
拡大

2度のワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが現在最も高く評価しているF1ドライバーはマックス・フェルスタッペンだという。どんな時でも攻めた走りをするところが気に入っているようだ。

アロンソは近代で最も成功を収めたドライバーの1人だが、2018年末をもってF1からは離れている。2度のタイトルというのはセバスチャン・ベッテルの4回や、今月初めのUS GPで6度目のタイトルを決めたルイス・ハミルトンに比べるとややかすんで見えるかもしれない。

だが、アロンソの注意は次の10年を支配すると思われるドライバーへと向けられている。F1の史上最年少ドライバー記録を作り、最年少レースウイナーとなった人物だ。

「あのシリーズのドライバーたちがそこにいるのには理由がある」とアロンソは今週参加した記者経験で語った。「偶然なんかじゃない。彼らはベストだからそこにいるんだ」

「F1でベストを選ぶのは難しいよ。年によっても、クルマによっても大きく変わるからね。1ラップが速いドライバーもいるし、スタートが得意なドライバーもいる。他にも一貫性があったり、すごくアグレッシブだったりるする人もいる」

「今なら、(ベストは)マックス・フェルスタッペンだろうね。彼は僕が見ていたくなるドライバーだ。今年はレースをテレビで見ているけど、彼がいいのはいつでもアタックモードに入っているところさ」

「3番手にいて、2番手の人に追いついたら、そこにとどまってはいないと分かるんだ。必ずどこかで(抜こうと)トライするに決まっている。ファンにとってはワクワクすることだ」

アロンソ自身の目は、トヨタからの参戦が決まった有名なダカールラリーの2020年大会に向けられている。彼はすでにトヨタと共にル・マン24時間総合優勝を果たし、世界耐久選手権(WEC)のタイトルも手に入れている。

© ESPN Sports Media Ltd.