Red Bull

/ News

  • 日本GP - レッドブル - 予選

3列目から決戦に挑むレッドブル

Me / Jim
2019年10月13日 « フェラーリ、改善の余地あり | 久々のダブル入賞を喜ぶルノー »
© Toshifumi KITAMURA / AFP
拡大

13日(日)、鈴鹿サーキットで実施されたシーズン第17戦日本GP予選でレッドブルのマックス・フェルスタッペンとアレキサンダー・アルボンは5番手と6番手に並び、決勝レースを3列目からスタートすることになった。

マックス・フェルスタッペン

「素晴らしいと言えるような予選ではなく、5番手は僕らが望んでいた結果じゃない。だから、これからすぐにレースがあって、いいリザルトを残せるようトライできることがうれしい。Q2ではブーストエネルギーの問題があったけど、Q3では全て順調だった。アグレッシブさが足りなかったのかもしれない。僕らはすごいダウンフォースを付けて走っているから、ストレートでスリップストリームがなかったのも理想的じゃなかった。コース上、特にセクター2とメインストレートは風がとても強い。でも、それは全員同じなんだから、文句は言えないよ。今はちょっとがっかりしているけど、レースはずっと良くなるって自信があるから、それに集中する」

アレキサンダー・アルボン

「今回はクリーンなランができた予選だったから、それに満足している。トップ4のクルマはどこからタイムを出したのか分からない。彼らは一歩前進したみたいだけど、僕個人としては満足だ。昨日の走行を失ったのは悪夢のようだし、今日の風のコンディションは理想的じゃない。クルマが完全に変わってしまっているけど、それはみんな同じだ。Q1でも風の変化が見えたはず。毎ラップあんな感じだからなかなか決まらないんだけど、そういう状態なんだから仕方ない」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「鈴鹿の風が強いコンディションというトリッキーな予選はトップ3チームがチャンピオンシップの順位で並んだ。アレックスは初めてここに来たが、強力なパフォーマンスだったし、マックスのラップタイムに匹敵しているので、それについては非常にポジティブだ。また、フェラーリの予選1-2は印象的だったが、われわれの焦点は2時間後に始まるレースに切り替える。今日のコンパクトなスケジュールによって、予選後にメカニックたちがマシンを調整する時間は長くないので総力戦となる」

© ESPN Sports Media Ltd.