Red Bull

/ News

  • ロシアGP - レッドブル - 決勝

アルボンがピットスタートから5位入賞

Nobu / Me
2019年9月30日 « 状況を改善して立て直したいとライコネン | チーム力でダブル入賞を達成したマクラーレン »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

29日(日)、シーズン第16戦ロシアGP決勝レースでレッドブルのマックス・フェルスタッペンとアレキサンダー・アルボンが4位と5位でダブル入賞を果たした。

マックス・フェルスタッペン

「今日の4位はできる限りのベストな結果だと思う。セブ(ベッテル/フェラーリ)のリタイアでちょっとした運があったけど、ペナルティのことやフェラーリとメルセデスのペースを考えると、今日取れたポイントには満足している。中団のトラフィックを抜けてからはあまりたいしたことは起こらず、そこからはセーフティカーが差を縮めるまで孤独なレースだった。今日はトップ3と比べると速さが足りなかったのは明らかだけど、レース終盤では他がソフトタイヤを履いているときにミディアムを履いて走るのは難しかった。できるだけの結果を出したのは間違いないけど、もちろん、もっと勝利や表彰台を獲得したい。他の人たちもとても強いから、まだまだやることがある。今は鈴鹿が待ち遠しく、Hondaのホームレースで全ての日本人ファンの前で自分たちのベストを出したい」

アレキサンダー・アルボン

「いいレースだったし、5位というのは自分たちにできるベストの結果だと思う。昨日のクラッシュからカムバックしていい結果を出したいと思っていた。だから、セーフティカーで少しラッキーだった面もあるけど、このレースの展開には本当に満足だよ。土曜日の夜は少し士気が落ちていたのは間違いなく、チームにも多くの仕事があったから、この結果は彼らのものだ。ピットレーンからのスタートは決して簡単なものではなかったけど、ソフトでのペースはとても良く、ポイントがたくさん取れたよ。グリッドの外からスタートして集団を駆け抜けるのは楽しかったけど、いつもあんな風なレースだと困るね。僕は退屈なレースも好きだから、日本ではもっとクリーンでスムーズな週末を期待したい。最初のスティントではダニール(クビアト/トロ・ロッソ)とピエール(ガスリー/トロ・ロッソ)をパスするのに苦労して、結構時間がかかった。ここは市街地サーキットみたいなデザインだからだと思うけど、クルマの列の後ろを走っていると、かなりのダウンフォースを失うんだ。レースまでは厳しい週末だったけど、今はもっとリラックスしている。僕は週末に入ってすぐに適応し、もっと早くリズムに乗れるようにしないといけない。でもそのためにはより多くのラップをこなし、クルマでの経験を積まないと。アブダビを例外として、残りのサーキットはどれも走るのが初めてだから、鈴鹿は厳しくなると思う。新しいサーキットは好きだけどね」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「今日はドライバーたちが2人とも良いパフォーマンスを見せてくれた。9番手スタートのマックスにとって、4位は望める最高位だろう。彼はレース序盤に見事な動きを見せてポジションを上げた。レース終盤の彼のペースはまずまずだったが、トップ3にチャレンジできるほどではなかった。一方、ピットレーンからスタートしたアレックス(アルボン)は自ら前を切り開く優れたパフォーマンスを見せた。素晴らしいオーバーテイクを披露し、今回も成熟したドライビングだった。5位まで上げてのフィニッシュというのは見事なレースであり、今日のわれわれにとって4位と5位というのは達成できる最大限の結果だろう。Hondaのホームレースである日本GPが楽しみだよ」

© ESPN Sports Media Ltd.