Red Bull

/ News

  • レッドブル

フェルスタッペン、モンツァでグリッドペナルティ消化へ

Me
2019年9月4日 « F2事故のコレアは治療のためイギリスの専門病院へ | モンツァがF1と5年契約を締結 »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

レッドブルドライバーのマックス・フェルスタッペンは今週末のイタリアGPをグリッドの後ろからスタートすることになる。Hondaが彼のマシンにアップグレード版パワーユニット(PU)を搭載すると認めたためだ。

エンジンのアップグレードは2019年の初めからHondaの開発計画に組み込まれていたものだが、これでフェルスタッペンは使用が認められている年間のエンジンコンポーネント数を超過するため、グリッドペナルティを科されることになる。"スペック4"と呼ばれる改良型PUはスパ・フランコルシャンの金曜フリー走行でレッドブルのアレキサンダー・アルボンとトロ・ロッソのダニール・クビアトのマシンに搭載されており、この2人はベルギーGPでグリッドペナルティを受けた。

トロ・ロッソのピエール・ガスリーもモンツァでスペック4を使用する――その結果グリッドペナルティを受ける――ことになり、ホンダパワーを使用する4台のマシンはモンツァで初めて全車そろってアップグレード版を使うことになる。

「スパに続いて、イタリアGPを戦うために同じくクラシックコースのモンツァに向かいます。ここがヨーロッパラウンド最後のレースとなります」とホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクターの田辺豊治氏は述べた。「ここはシーズンのハイライトの1つですし、われわれのチームの1つであるスクーデリア・トロ・ロッソにとってはホームレースでもあります」

「PUの観点から言うと、主な変更はベルギーでアルボン選手とクビアト選手だけが使用したスペック4を今年初めて4人のドライバー全員に投入することです。スペック4を初めて使用するということで、ガスリー選手とフェルスタッペン選手はグリッドペナルティを受けて後方からのスタートになりますが、それでも日曜日には力強いレースができると期待しています」

「スパでは有益なデータが集まったため、それを使ってこのレースに向けてPUのセッティングやキャリブレーションの変更を行ってきました。スペック4のポテンシャルを最大限に引き出して再びポジティブなリザルトを獲得し、スパで得た勢いを維持できればと思います」

過去4年間、ライバルへの追い上げに苦心してきたHondaだが、レッドブルのエンジンサプライヤーとしてスタートした2019年に大躍進を見せている。レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はスパ・フランコルシャンで、Honda、メルセデスとルノーのパフォーマンスは収束し始めており、他者より大きなアドバンテージを今も持ち続けているのはフェラーリだけだと述べた。

モンツァはカレンダー上で最もパワーセンシティブなサーキットであり、パワーの向上は他のどのF1コースよりもラップタイムにとって貴重なものとなる。

© ESPN Sports Media Ltd.