Red Bull

/ News

  • モナコGP - レッドブル - 初日

初日の出来に満足するレッドブル勢

Me / Jim
2019年5月24日 « アルボンが5番手に食い込み、競争力を示す | メルセデス、速さで圧倒も一発のアタックに難あり? »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

23日(木)に開幕したシーズン第6戦モナコGP初日、レッドブルのピエール・ガスリーとマックス・フェルスタッペンは2回目のフリー走行で4番手と6番手のタイムを残した。

初回セッションはフェルスタッペンが2番手につけ、ガスリーが6番手だった。

マックス・フェルスタッペン

「まあまあ良かったよ。クルマのバランスにはかなり満足している。FP2でみんなが2セット目のタイヤに履き替えた頃、デブリがエアボックスに飛び込んでラジエーターの1つにダメージを与えてしまい、水漏れが起きてしまった。それを修理するのにいくらか走行時間を失ったけど、おおむね大丈夫そうだし、ペースはなかなかいい。クルマに自信を感じられる十分なラップはできていて、両方のセッションで多くのセットアップ変更を試したから、現状には満足だ。メルセデスはまだすごく強いし、彼らとポール争いができるとは思わないけど、2番手と3番手の間には大きなギャップがあるから、予選ではそこを埋められるはずだ」

ピエール・ガスリー

「良い1日だったし、僕はかなりハッピーだ。FP1はちょっと難しかったけど、FP2に向けていくらか変更したら、マシンの感触がとても良くなったし、ロングランでもそう。予想していた通り、メルセデスがものすごく速くて、かなり引き離されているけれど、フェラーリとはバトルしていけると思っている。土曜日に雨が降れば誰にでもチャンスはあるだろう。ただ、このチームはここでいつも本当に強い。まだやるべき作業はあるけど、土曜日までにもっとパフォーマンスを見いだして、予選がすべてだったりするから、良いスターティングポジションを得られるように願っている。できることはすべてやるつもりだ」

© ESPN Sports Media Ltd.