Red Bull

/ News

  • スペインGP - レッドブル - 初日

アップグレードに好感触のフェルスタッペン

Me
2019年5月11日 « 冬季テストからの改善を実感するボッタス | ルノー、マシンバランスは要改善 »
© Pierre-Philippe MARCOU / AFP
拡大

シーズン第5戦スペインGPが開幕した10日(金)、初日に実施された2回目のフリー走行でレッドブルのマックス・フェルスタッペンは5番手、ピエール・ガスリーが7番手のタイムを記録した。

最初のフリー走行はガスリーが8番手に入るも、フェルスタッペンは12番手にとどまっている。

マックス・フェルスタッペン

「2度のプラクティスセッションを通して僕らはクルマを改善し、新しいアップデートを理解しようとした。それはできたと思う。アップグレードについてはいい感触だよ。確実に機能するし、タイヤの反応もかなりいい。ロングランはまあまあで、もう少しペースを見つける必要があるけど、そのための時間は一晩ある。FP1中にオイル漏れがあって、FP2の前にエンジンを交換しなければならなくなったから、それで少し不利な状況になってしまった。それもあって、2回目のプラクティスセッションではセットアップ的なクルマのバランスが完全ではなかったんだと思う。でも、明日までにそれを理解して改善するためのデータは十分にある。このコースは楽しいよ。特に今週末は新しいエナジーステーションがあるから。僕たちチームにとって最高のホームだ」

ピエール・ガスリー

「今日は全体的にいい感じで、すごくポジティブな1日だった。一歩前進できた気がする。クルマの最初のフィーリングは良かった。もちろん、ドライバーとしては常にもっとグリップが欲しいけど、バランス的には良かったからすごくハッピーだ。まだ走行初日だから、結論を出すには早すぎるし、僕らはこのパッケージについてもっと理解しなきゃならない。メルセデスとフェラーリがかなり大きく前進したのは明らかだけど、今日はたくさんテストができたから、今夜は全てを分析して、明日までにうまくまとめないとね」

© ESPN Sports Media Ltd.