Red Bull

/ News

  • マックス・フェルスタッペン

F1にCLの大逆転劇は起きないとフェルスタッペン

Me
2019年5月10日 « バルセロナダイアリー:F1にモーターホームバトル勃発!? | 自分の元エンジニアがボッタスの力になっているとハミルトン »
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝で起きたようなドラマがF1で起こることはあり得ないとマックス・フェルスタッペンは言う。

準決勝はリヴァプールとトッテナムが奇跡の逆転劇でバルセロナとアヤックスを破り、6月1日(土)に決勝でイングランド勢同士が対決することになった。

アヤックスのサポーターではないというオランダ人のフェルスタッペンだが、チームには同情を示し、夕食中に『Twitter(ツイッター)』でゲームの経過を見守っていたという。

「僕はPSVのファンなんだ。アヤックスには勝ってほしかったけどね」とフェルスタッペンは述べた。「友人たちみたいに泣きはしなかった。ゲーム後、何人かの友人はすごく感情的になっていたよ。そのうちの1人なんて、不運だったねってメッセージを送ったのに1時間も返信がなく、やっと来たと思ったら気分が悪いと言っていた。僕はそこまで落ち込んじゃいないけど、もちろん、決勝にはアヤックスが行ってくれたら良かったと思うよ」

F1にもこれほどドラマチックなことは起こり得るだろうかと尋ねると、彼は横に首を振った。「それは無理。だって、3周遅れの人が急にレースで勝つようなものだよ」

「全く違うスポーツだというだけ。出来事も違うし、沸き起こる感情も違う。向こうは1つのゲームがチャンピオンシップの全てを決めるんだ。そこが違う。僕らは21戦で戦っているから、まだ分からない」

フェルスタッペンはアヤックスに所属するフレンキー・デ・ヨング、マタイス・デ・リフトとチャットすることがあるといい、オランダ代表として活躍しながらも地に足の付いた状態を保つ彼らを称賛した。

「彼らはあれだけ成功しているのに、すごく気楽で普通なんだ。『Instagram(インスタグラム)』で幸運をってメッセージを送ると、ゲーム後に"どうもありがとう"って感じで返ってくる。すごくゆったりとしている。そういうところが好きだ。たくさんの成功を収めたいい選手だけど、人としてはずっと変わらない。そういうのってなんかいいよね」

ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは決勝戦を見にいきたいと考えている。本当はトッテナムの宿命のライバルであるアーセナルのサポーターだというハミルトンだが、かといってリヴァプールを応援するのも複雑なようだ。

「正直、僕はどちらも好きではないんだ」と9日(木)に彼は語った。「僕はアーセナルのサポーターでね。だから・・・やっぱりリヴァプールかな。リヴァプールかも」

「トッテナムとアーセナルは・・・子どもの頃からいろいろ悔しい思いをさせられてきたからね。ここまでのゲームは素晴らしかったから、決勝はぜひ見にいきたいと思っているんだ」

フェラーリドライバーのシャルル・ルクレールはこのドラマを胸にチームの出遅れを取り戻し、チャンピオンシップでハミルトンとメルセデスを倒したいと考えている。

「チーム、そしてドライバーとして、常にモチベーションを保ち、絶対に諦めないことが必要だと思う」と彼は述べた。「チャンピオンズ・リーグがいい例だよ。これがチーム内のメンタリティだ。僕らは勝つためにここにいるんだし、それが僕らの願いだ。改善のためにできることを全てやり尽くし、結果がやってくるのを待ちたい」

© ESPN Sports Media Ltd.