Red Bull

/ News

  • アゼルバイジャンGP - レッドブル - 予選

マシンに自信を深めるフェルスタッペン

Me / Jim
2019年4月28日 « 小さなミスで大きな代償を支払ったクビサ | 5番手のペレス、「最高の予選」 »
© Resul Rehimov/Anadolu Agency/Getty Images
拡大

27日(土)、シーズン第4戦アゼルバイジャンGP予選に挑んだレッドブルのマックス・フェルスタッペンは4番手に入り、ピットスタートが決まっているピエール・ガスリーは赤旗中断したQ2でのアタックを見送り、15番手で予選を終えている。

土曜フリー走行はフェルスタッペンが3番手に食い込み、レースを見据えた作業に専念したガスリーは20番手だった。

マックス・フェルスタッペン

「予選でこんなにコンペティティブだなんて、うれしい驚きだったよ。グリッド2列目は悪くない。全てはスムーズにいっていたけど、Q3で僕はタイヤを1セットしか持っていなかったから、他とは違う戦略を選んで、単独で走っていた。このコースで単独走行するのはかなりの痛手だ。当然ながらトウのある他の人たちと比べてタイムを失ってしまう。自分のQ2のラップと比べても、メインストレートで0.25秒くらい失っていた。今のクルマはドラッグがものすごく大きいから、他のストレートでも6、7秒前にクルマがいれば引っ張ってもらえて、0.1か0.2秒くらい稼げる。今日のファイナルラップでは全力でプッシュし、すごく良かったよ。トレインの中だったらポールを争えたと思う。でも、少なくともクルマがいいのはこれで分かった。ここはいつもクレイジーな展開だし、レースがターン1で決まらないのは確かだ。全員がかなり接近している中、4番手からならレースで戦える」

ピエール・ガスリー

「Q1をトップタイムで終えられて良かったけど、明日はピットレーンスタートだと分かっていたから、一番大事なのは軽い状態でのクルマの感触を知っておくことだった。本当にいい感触で、クルマがあれほどいいと思ったのは今年初めてかもしれない。だから、すごくうれしいよ。自信を感じられたし、僕は今も適応しようと努力し、一歩ずつ進んでいる。僕らは正しい方向にいっていると思う。全体的にポジティブな予選セッションだった。PUのパワーは上げていなかったから、あんなにいいペースは予想していなかったんだ。レースモードを使い、エンジンマイレージを少しセーブしていたんだけど、最終的なパフォーマンスは良かった。クルマはいいみたいだから、マックスがQ3でいいリザルトを出してくれることを願っていた。ここは本当にとんでもないことが起きるコースだし、最後のラップまで全開でレースをする。僕らにはリカバーしてポイントを取るいいクルマがあるから、それに向けてプッシュする」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「複数の赤旗に、Q1ではピエールがファステストを刻む非常に素晴らしい仕事を果たすなど、今日は興味深い予選だった。マックスは残念ながらタイヤにフラットスポットを作ってしまい、Q1でもう一度走らざるを得なくなったため、予選終盤で使えるタイヤセットが減ってしまったが、それでも、Q1をトップと4番手で突破している。明日のレースは計量ブリッジのペナルティでピエールがピットレーンからスタートすることになっているため、Q2ではピエールを走らせないことにしたが、マックスはこのセッションでトップタイムを刻んでいる。ルクレールのインシデントを受けて遅延した後、ようやく始まったQ3は1セットのタイヤしか残っておらず、2セットを持つドライバーたちとマックスを匹敵させるのに最適なアプローチはクイック、スロー、クイックの組み合わせだった。クリーンラップを走る利点はあったものの、残念ながらトウを得られなかったので、異なる戦略を取った他のチームとシンクロさせるのは不可能だったと言える。それでも、マックスは2列目スタートだし、Q1のピエールのタイムを見ればグリッドとして6番手になれていたはずなので、全体としては強力な予選だったと思っている。ピエールの活躍は本当に励みになるものであり、今は明日のレースを楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.