Red Bull

/ News

  • アゼルバイジャンGP - レッドブル - 初日

フェルスタッペン、初日の成果には満足

Me
2019年4月27日 « ほぼ走行できずも前向きさを保つラッセル | トロ・ロッソ、バランスとペースに自信 »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

シーズン第4戦アゼルバイジャンGPが開幕した26日(金)、2回目のフリー走行で レッドブルのマックス・フェルスタッペンは4番手に食い込み、ピエール・ガスリーは9番手タイムを残した。

初回セッションは序盤に路面トラブルでウィリアムズのジョージ・ラッセルがクラッシュを喫して赤旗中断となり、そのまま終了を迎えたため、両ドライバーともタイムを記録していない。

マックス・フェルスタッペン

「みんな同じ状況だったから、最初のセッションで走れなかったことはそれほど痛手にはならなかった。金曜日に一番大事なセッションはいつもFP2だからね。路面はすごくスリッピーで、見ての通りロックアップしたりワイドになったりするのがすごく簡単だった。だから、できるだけ多く周回して路面コンディションに慣れることが重要だったんだ。持っているグリップでクルマを限界までドライブしなきゃならなくて、特にここのような低グリップの市街地コースでは、1周1周組み立てていく必要がある。適応する準備をしておかなきゃならない。自分たちの今日の成果には満足しているよ。常に改善のエリアはあるからデータをよく見るつもりだけど、ほとんど微調整で済むだろう。明日に向けた予想はまだしていない。まだプラクティスセッションを1回しかしていないんだから、みんなこれから大きく改善できるはずだ。でも、初期のバランスはいいし、僕らは両方のタイヤコンパウンドで十分な数の周回を終えた」

ピエール・ガスリー

「ショートランではちょっとラップが乱れたけど、全てをまとめられれば僕らにはいいポテンシャルがあると思う。燃料を増やした時の方が僕はフィーリングが良く、ロングランにはかなり満足だ。もちろんFP1で走れたら良かったけど、やりたかったことはFP2で全部できたと思う。かなり多くのテストを実行し、明日のいい方向性を得た。自分たちにパフォーマンスがあることが分かったから、僕はとてもポジティブだ。ブレーキングに関しては少しトリッキーで、何度かエスケープロードを使わないといけなかった。限界を探っていたんだよ。クルマは常に良くなっていたし、そこから得る感触に満足している。今日はフェラーリが相当速そうだったけど、明日の予選で僕らがどこまでできるか見てみよう。言ったように、僕らにはいいレースカーがあるから、それはポジティブだ」

© ESPN Sports Media Ltd.