Red Bull

/ News

  • 中国GP - レッドブル - 決勝

レッドブル、W入賞に最速ラップポイントも獲得

Me / Jim
2019年4月14日 « 後方スタートから入賞を果たしたライコネン | 4点獲得に満足するペレス »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

14日(日)、シーズン第3戦中国GP決勝レースに挑んだレッドブルのマックス・フェルスタッペンは4位入賞を果たし、ピエール・ガスリーも6位でゴールしてダブルポイントを獲得した。

マックス・フェルスタッペン

「楽なレースじゃなかったけど、チームとして今日は本当にいい仕事をした。いい戦略を立ててフェラーリの1台をアンダーカットし、その位置を守ったんだから、シャルル(ルクレール/フェラーリ)の前の4位フィニッシュというのは最大限の結果だと思う。セブ(ベッテル/フェラーリ)が冷えたタイヤでピットから出てきた時はいいバトルができた。楽しかったよ。その1回だけが僕のチャンスだったからトライしたけど、その後を見れば僕らのペースが最後まで彼と戦うには少し足りなかったのが分かるだろう。本当にハードにプッシュしたから、このチームリザルトには満足だ。メルセデス、フェラーリと戦うにはもう少しペースが必要だ。でも僕らはいい位置にいるし、毎回レースで堅実にポイントを取っている」

ピエール・ガスリー

「今日は僕のF1で初めてのファステストラップを獲得できてハッピーだ。残り数周で後ろに大きなマージンがあったから、それを狙ってもう一度ピットストップすることにしたんだ。うまくいったよ。レース中はリズムを保って、タイヤをケアし、クルマのフィーリングを改善しようとした。ゆっくりと自信がつきつつある。週末ごとに一歩ずつやっていくことになるだろうけど、もちろん僕としては3歩ずつ進みたいところだ。まだ僕には次のレースでやるべき仕事がある。でも、自分の何を改善する必要があって、どこをもっとうまくやれるのかが分かって良かった。ポイント圏内でフィニッシュし、ファステストラップの追加点も取れたからすごくうれしい。今夜はファクトリーに向かって、明日とあさってはシミュレーターに乗る。次のレースに向けて作業するよ」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「今日の4位と6位は素晴らしいチームワークを象徴している。強力な戦略に加えて、マックスに関しては最初に2ストップ戦略に調整したことで、今日のシャルル・ルクレール撃破が可能になった。マックスはレースを通して見事な走りを披露し、ベッテルを追い抜いて表彰台にチャレンジしようと必死に戦ったものの、彼の前に出られるだけのペースがなかった。ピエールが引き続きマシンに慣れていってくれていることは素晴らしいと思う。今回も堅実なレースだったし、6位フィニッシュとファステストラップも記録した。フェラーリから1ポイントを奪ったわけだから、ファステストラップでさらに1点を得られたことは彼にとって本当にポジティブだと思うし、きっとそこから自信を深めてくれると確信している」

© ESPN Sports Media Ltd.