Red Bull

/ News

  • レッドブル

フェルスタッペン&ガスリーがいちょう並木を駆ける!

Jim
2019年3月9日 « ヴァルキリーとマクラーレン・セナがレースに参戦? | ブラウンが語る今季の勢力図、未来のF1 »
© Red Bull Content Pool
拡大

9日(土)、明治神宮外苑のいちょう並木通りでデモンストレーション走行『Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン・トーキョー)』が開催された。東京都内の公道でデモ走行が実施されるのは史上初だ。

2019年シーズン開幕を翌週に控えたこの日、今年からHondaをエンジンパートナーに迎えたレッドブルがレースドライバーのマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーを伴って来京。快晴の下、レッドブルマシン2台が720mの特設コースを駆け抜けた。

F1の迫力をひと目見ようと会場には約1万人のファンが集結し、こちらも史上初となる2台によるデモンストレーション走行を楽しんでいる。

フェルスタッペンとガスリーは"初走行"のコースとあって、コックピットに収まる前にそろってアストンマーチンに乗り込み、ファンに手を振りながらコースを下見。その後、それぞれの準備を整えて大勢の観衆が見守る中に出陣していった。

最初にいちょう並木を疾走したのはガスリー。当初は2周(正確には2往復)の予定だったが、ラストラップの途中でドーナツターンを披露した際にスタックしてしまい、レッドブルクルーの手を借りて再始動する事態に。ただ、リスタートしたガスリーはピットには戻らず、もう一度、コースを半周するサービスラップを走り、ファンを沸かせている。

ガスリーに続いて見事なショーランでフェルスタッペンがファンの喝采を浴びた後には、2台そろってのデモンストレーション走行というサプライズが実現した。2人とも、コース半ばの地点でタイヤスモークを上げながらバーンアウトやドーナツターンの腕前を発揮し、大観衆を魅了した。

2019年のF1シーズンはオーストラリアGPで幕を開け、初回セッションとなる金曜フリー走行1回目は15日(金)日本時間10時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.