Red Bull

/ News

  • レッドブル

レッドブル、ホンダパワー搭載のRB15を公開!

Me
2019年2月13日 « 王者メルセデスがW10を発表 | 新生レーシング・ポイントF1が新車のカラーリングを公開 »
© Red Bull Content Pool
拡大

レッドブルが目を引くカラーリングで2019年のF1マシンを初披露した。

マシンは刺激的なダークブルーとレッドのカラーリングで公開されたが、これは13日(水)にシルバーストーンで行われるシェイクダウンのためだけのものだとチームは認めている。よりトラディショナルなレッドブル仕様のカラーリングは18日(月)にスタートするバルセロナテスト初日にお目見えするものと思われる。

チャンピオンシップでの成功なきまま5年が過ぎ、レッドブルは今年ルノーパワーからHondaへと切り替えた。Hondaは昨年からレッドブルジュニアチームのトロ・ロッソにエンジンを供給しているが、レッドブルのシャシーを得ることによって、2015年に復帰して以来初めてF1でレースに勝利するチャンスをつかむかもしれない。

レッドブルには過去に何度もテスト用のカラーリングで話題をさらった歴史がある。発表を印象づけるためだけのデザインではあるが、同時に空力的な部分の詳細を隠すという意味合いもある。しかし、メディア向けに公開された画像だけを見ても、いかにレッドブルがドライバーの後部に搭載される新しいホンダエンジンをタイトにパッケージングしたかが分かる。

レッドブルは昨年のコンストラクターズ選手権をメルセデス、フェラーリに続いて3位で終えたものの、エンジンサプライヤーの変更によるいくらかの混乱が起こる可能性は否めない。だが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーはこれまでより頻繁に勝利にチャレンジできるようになると自信ありげだ。

「進歩こそがわれわれの目標だ」とホーナーは言う。「われわれはこれで過去2シーズンにわたり、フェラーリとメルセデス、そして他者の間にある空間にいた。自分たちのマシン特性に合う場所では戦闘力を見せ、昨年は4レースで勝利――本当なら5勝だったはず――その前の年は3勝した」

「そのため、われわれが目指すのはどのサーキットでもより一貫して戦えるようになることで、できれば昨年よりも馬力を得て、前とのギャップを埋めることだ。つまり、われわれの目標はパワーに左右されないサーキットに限って輝くのではなく、あらゆるタイプのサーキットで一貫したチャレンジをすることにある」

© Getty Images
拡大

ダニエル・リカルドがルノー・スポールF1チームに移籍したため、マシンをドライブするのはマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーの2人になる。

「エンジンをスタートさせるだけでもすごく興奮する」とフェルスタッペンは述べた。「シフトアップ、シフトダウンがどんな感じか、ドライバビリティはどうか、どれほどのパワーがあるか、早く知りたい。そしてその先はただ、クルマと一緒になって改善点を探していく」

「僕らはHondaにはすごく期待しているし、みんなすごくポジティブだよ。でも、同時に僕は少し時間も必要だと考えている。1戦目からパーフェクトなんてあり得ない。時にはチームとして僕らがミスを犯したり、思い通りにいかなかったりすることも必ずあるだろう。でも、大事なのはチームとHondaが本当にハードにプッシュして、開発を改善していくことだと思う。今はもちろん、すごく楽観的だよ。でも同時に現実的でもあって、僕らのパフォーマンスについては、いずれ時が教えてくれると考えている」

2017年にスーパーフォーミュラに参戦し、昨年はトロ・ロッソで1年間ホンダエンジンを経験したガスリーは、レッドブルのシニアチームで日本メーカーとの関係を継続できることを楽しみにしているという。

「これまでHondaとはすでに2年間を一緒に過ごしてきた。最初はスーパーフォーミュラで日本にはよく行ったし、国内で多くの時間を過ごして文化を学んで、彼らのコミュニケーションの方法、仕事のやり方を学んだ。僕らがヨーロッパでやっているものとは大きく違うんだよ。だから、その文化にうまく適応しないといけなくて、人々に最高の力を出してもらうためにはその働きを理解しなきゃいけないんだ」とガスリーは述べた。「もちろん、これはトロ・ロッソでも役に立ったよ」

「彼らについて理解すべきことがたくさんあり、僕は日本で直接それを学ぶことができた。だから、これに関してはエンジニアたちとの関係を築く中で確実に役に立つと思う。だけど当然ながら彼らに時間も与えないとね。F1はモータースポーツの頂点だ。フェラーリ、メルセデス、ルノーといったチームを相手に戦う。新しいパートナーシップを始める時は、いつだって物事がスーパースムーズに、最も効率的な形で流れるようになるためには時間がかかるものさ。時間はかかると思う。でも、レッドブルとHondaは同じ目標を持っているし、彼らはきっと自分たちの望みをかなえると信じているよ」

© ESPN Sports Media Ltd.