Red Bull

/ News

  • ブラジルGP - レッドブル - 予選

フェルスタッペン、「ベストを尽くして5番手」

Nobu / Jim / Me
2018年11月11日 « フェラーリとの接戦を制したメルセデス | ガスリーが適時のアタックでQ3進出 »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

10日(土)、シーズン第20戦ブラジルGP予選が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドは5番手と6番手に並んだ。

リカルドはエンジンコンポーネントを交換してグランプリ週末に臨んでおり、決勝レースは5グリッド降格処分を受けるため、スタート位置は11番手に後退する。

土曜フリー走行でもレッドブル勢はフェルスタッペンが5番手、リカルドが6番手だった。

ダニエル・リカルド

「僕たちにはいいクルマがあると思うし、ここではポールからコンマ5秒差の予選だった。覚えている限りだとこれまでこんなに接近できたことはないからポジティブだね。昨日の結果からすると、レースコンディションでは僕たちはもっといいことも分かっている。言うまでも無く、ペナルティのせいで先頭集団から離れた11番手からスタートすることになるけど、素早く前に出ていって先頭のバトルに参加できるようになれば楽しくなると思う。雨はすぐにやんだけど、Q2ではスーパーソフトを使うことになってしまった。理想的には、明日はソフトでスタートしたかった。でも、うまくやったのはフェラーリだけだったし、メルセデスも僕たちと同じ状況なのがラッキーだった。僕たちのクルマはスーパーソフトでも調子がいいし、タイヤの管理もうまくできているから、たいした違いは無いと思うけどね。このように違った戦略が混ざると2ストップをせざるを得なくなるし混戦になるんじゃないかな。僕は去年後方から駆け上がってきた経験があるから、このサーキットのどこでオーバーテイクができるか分かっているし、ちゅうちょせず攻めるよ。僕の明日のレースは、中団グループをいかに早く抜けてトップ5に追いつけるかにかかっていると思う。とにかく、明日は何が起こっても楽しくなるよ」

マックス・フェルスタッペン

「ベストを尽くして5番手だから、それには満足すべきじゃないかな。コンディションが少しトリッキーだったけど、ガレージのみんなが本当にうまく対応してくれて良いパフォーマンスを発揮できた。Q2ではソフトタイヤを履いて速いラップを走ろうとしたんだけど、惜しくも逃してしまった。スーパーソフトでスタートするのが最悪ってことじゃないから、特に心配はしていない。マシンバランスが理想的じゃなくて、フロントのグリップを失っている。もし、うまく仕上げられていればフェラーリにチャレンジできた可能性が少しあったかもしれないけど、ストレートであれだけタイムをロスしていたら基本的には難しくなるものだ。レースには良いセットアップに仕上がっていると確信している。明日はもう少し暖かくなりそうだから、リアタイヤにはきつくなるだろう。僕たちにはうまく合っていると思うから調子はいいはず。ここはドライだといつもハードなレースになるから、雨が降れば僕らに優位になるかもしれないと思っている」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「全てのセッションを通して雨の恐れがあるエキサイティングな予選だった。マックスがQ1でトップに立ち、次にわれわれはスーパーソフトで走ることを選んだ。ダンプ状態の路面のQ2で確実に正しいタイヤを選べるようにするためで、結局はドライとなった。両ドライバーともQ3の2回のランでお互いに1,000分の数秒差に入っており、最終的に5番手、6番手タイムというのはおおむねわれわれの予想通りだ。われわれは中間セクターでは非常に速かったが、あいにくセクター1と3では弱点が露呈してしまう。それでもなお、レースペースは期待できると信じており、ダニエルのペナルティはあるものの、2人とも明日のレースでは存在感を示してくれることを願っている」

© ESPN Sports Media Ltd.