Red Bull

/ News

  • メキシコGP - レッドブル - 初日

初日の出来に満足するレッドブル勢

Jim
2018年10月27日 « ハイパーソフトは劣化が激しかったとピレリ | 難所の多いレースに挑むウィリアムズ »
© RODRIGO ARANGUA / AFP
拡大

26日(金)に開幕したシーズン第19戦メキシコGP初日、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドは2回のフリー走行を通して1-2を達成した。

ダニエル・リカルド

「今日はどちらのセッションでも燃料を軽くした走行でマシンがとてもうまく機能していたから、予選では良いポジションにつけるはずだけど、明日にはメルセデスとフェラーリが調子を上げて僕らをプッシュしてくるに違いない。このままいけば、ポールポジションは六つ巴の接戦になるだろうし、見ているみんなはワクワクするだろうね。明日はもっと燃料を多く積んだレースペースの作業を進めていく。レースペースはあまりコンペティティブじゃなかったからね。ここの海抜の高さが理由でみんなのパワーレベルが接近しているみたいだから、みんなが予選モードになる明日になって見てみないと分からないけど、今日のところは僕らが紙の上ではいい感じだ。予選の鍵はクリーンなラップを走ること。ここはまだだいぶ滑りやすいから、小さなミスを犯しやすい。ハイパーソフトはグレイニングが激しいけど、今シーズンは1ストップが容易になっていたから、正直、それはかなりいいことだと思っている。今週末は2ストップになるかもしれないね」

マックス・フェルスタッペン

「今日はとても良かったし、予想以上に良い。僕だけじゃなくてダニエルもそうだし、2人そろってトップになれたのは最高だ。このサーキットではかなり良いマシンになっているし、ダウンフォースもメカニカルグリップも良い。それは今年初めのモナコから明らかだったし、ここでも本当にうまく機能しているから、改めて確認できた。ここは路面がかなり滑りやすいから、良いグリップがあると、すぐに大きなギャップを築けるんだ。もちろん、いつものように改善できる部分はあるけど、今はいい感じだと思う。日本で、僕のF1キャリアでは最悪の金曜日だと言ったけど、今回はベストのひとつに入るね。昨年もここではマシンが速かったけど、今日の様子を見る限り、2017年よりも競争力があると思う。終盤はハイドロリックに小さな問題があったと思うけど、まだマシンを確認できていない。明日に向けてはあまり心配していないけどね。今夜、みんなが調べてくれる予定だし、素早い修正になることを願っている」

© ESPN Sports Media Ltd.