Red Bull

/ News

  • マックス・フェルスタッペン

Hondaを使うのが楽しみとフェルスタッペン

Me
2018年6月21日 « 「スパは守られるべきF1のルーツ」とリバティ | 歴代屈指のル・マン勝利だったとアロンソ »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

来シーズンからHondaとタッグを組むことを選んだレッドブルの決断に不安はないとマックス・フェルスタッペンは述べている。

ルノーパワーを使い続けて12年、レッドブルは2019年から日本のメーカーと2年契約を結び、ホンダエンジンに切り替えることになった。Hondaは2015年にF1復帰して以来、パフォーマンスと信頼性に苦しみ、それは前シャシーパートナーのマクラーレンとの別れにつながった。だが、レッドブルの姉妹チームであるトロ・ロッソと組んだ今年は改善の兆しが見えてきている。

同じくレッドブルと2020年末まで契約しているフェルスタッペンは、近年のHondaの問題については心配していないと主張した。

「いや、本当のところ、気にならないよ」と彼は述べた。「今年彼らが見せているパフォーマンスや彼らの進歩――特にカナダの――はすごくポジティブに見えた。改善を続けているし、正しい人材配置をしている」

「僕は決定を信じるし、契約したってことはチームも確信を持っているってことだ。それに、Hondaがレッドブルとトロ・ロッソのためだけに働き、純粋に自分のクルマのためだけにデザインされるなんてエキサイティングだよね。それもすごくいいことだと思う」

今シーズンのフェルスタッペンは、最初の6戦で立て続けにインシデントに関わり、プレッシャーがかかっていた。カナダでポディウムに上がったことによって、いくらか批判をはね返しており、今週末のフランスでも同様のパフォーマンスを再現したいと願っている。

「プレッシャーをかけられるといつも、僕の場合はかえっていい方に働くみたいだ。毎回やってもらうべきかもしれないね! カナダはいい週末だったし、すごく楽しめたから、今週末もそうなるようにしたい」

© ESPN Sports Media Ltd.