Red Bull

/ News

  • レッドブル

レッドブルとHondaの提携決定

ESPN Staff
2018年6月19日 « マクラーレン、インディ参戦はチーム独自の判断 | これが自然な流れだったとルノー »
© Red Bull Racing
拡大

19日(火)、レッドブルとHondaが来季からのパートナーシップを締結したと発表し、レッドブルがホンダエンジンを搭載することが正式決定した。契約期間は2019年と2020年の2年間だ。

過去12年に渡ってルノーエンジンを搭載してきたレッドブルはドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権の4連覇を成し遂げ、57回の優勝を記録してきた。

レッドブルとの契約締結に際し、本田技研工業株式会社は声明で次のように述べている。

「HondaはFIA F1世界選手権(以下、F1)において、Red Bull Group(レッドブル・グループ)と、Red Bull Racing(レッドブル・レーシング)に対する2019年シーズンから2年間のパワーユニット(以下、PU)供給について合意いたしました」

「これによりHondaは2018年シーズンからPUを供給している、同じくレッドブル・グループ傘下のScuderia Toro Rosso(スクーデリア・トロ・ロッソ、以下、トロ・ロッソ)、そして今回合意に達したレッドブル・レーシングの2チームに対して同一仕様のPUを同じ体制で供給し、2019年シーズンを戦います」

また、本田技研工業株式会社の八郷隆弘代表取締役社長は「2018年シーズンからパートナーシップを開始したトロ・ロッソに加え、2019年からは新たなパートナーとして、アストンマーティン・レッドブル・レーシングを迎えることになりました」とコメント。

「来季は2チームへPUを供給することで、より多くのデータ収集が可能となり、開発のスピードアップにつなげることができます。また、なによりもレッドブル・レーシング、トロ・ロッソ、両チームと強力なパートナーシップを築くことにより、われわれの目標である勝利へさらに近づくことができると思っています」

「今回の契約は非常に短い期間で決定しましたが、2つのチームとHondaが対等となるパートナーシップの締結に際し、レッドブル・グループのわれわれに対するオープンかつ公平な姿勢に感謝しています。また、いつも熱い応援をいただいているファンの皆さまには、われわれの新たな挑戦にさらなるご声援をよろしくお願い申し上げます」

一方、「今回締結したHondaとの2年契約はアストンマーティン・レッドブル・レーシングにとって、チャンピオンシップタイトルの獲得に向けたエキサイティングなステージの幕開けを意味しています」と話すのはレッドブルを率いるクリスチャン・ホーナーだ。

「このような決断を下すとき、われわれの判断基準は一つしかありません。『この決定がより高いレベルでのパフォーマンスに結びつくか否か』です。ここまで慎重に分析と検討を重ねてきましたが、今はHondaとのパートナーシップ締結こそがチームを正しい方向に導くものだと確信しています。Hondaが今年、われわれの姉妹チームであるトロ・ロッソと一緒に見せている進歩のスピードは印象的で、彼らがF1で目指しているゴールは、われわれの目標と同じだとも感じています。来年Hondaと一緒に仕事ができることを非常に楽しみにしていますし、ともにF1の頂点を目指します」

さらに、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはこう語っている。

「今回のレッドブル・グループとHondaのパートナーシップ締結は、Red Bull Technology(レッドブル・テクノロジー)により統括される2つのF1チーム、レッドブル・レーシングとトロ・ロッソにとって、新たな時代の幕開けと言えます。また、ここまでHondaが見せてきた努力と進歩、そして、われわれとも通じる部分が多い勝利に対する信念は素晴らしいものだと感じています。来季は3者が強く結びつく形でシーズンを戦うことになりますが、Hondaと一緒に仕事をすることを非常に楽しみにしています」

(本田技研工業株式会社およびHonda Racing F1 Team プレスリリースより)

© ESPN Sports Media Ltd.