Red Bull

/ News

  • マックス・フェルスタッペン

上海の一戦は「人生の勉強」とフェルスタッペン

Jim
2018年4月16日 « フェルスタッペンは最近のミスから学ぶはずだとホーナー | ラウダ、フェルスタッペンはやり方を変えるべき »
© Jerry Andre/Sutton Images
拡大

レッドブルのマックス・フェルスタッペンはここ数戦で露呈したミスは「多くを求めすぎた」結果だと考えているようだ。

中国GPではセーフティカー導入のタイミングが功を奏し、新しいタイヤへの交換を決行したレッドブルがレース終盤に速さを発揮したが、フェルスタッペンはルイス・ハミルトン(メルセデス)に対する無理な追い抜きと、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)への衝突で勝利のチャンスを無駄にした。

ベッテルとの接触に関しては10秒のタイムペナルティと2点のペナルティポイントを科せられ、レース自体はトップ3に次ぐ位置でゴールしたものの、結果は5位に後退している。

インシデントについてレース終了直後にベッテルに謝罪したフェルスタッペンは開幕戦オーストラリアGPでもスピンを喫するミスを犯し、バーレーンでは予選でクラッシュした後、レース中にはハミルトンと接触もした。

悪雑なシーズンスタートがベッテルとの接触につながったと認めるフェルスタッペンは中国GPレース後にF1のパドックパスプログラムに参加し、「そんなにたくさんのことを変えなきゃいけないとは思っていない。もちろん、起きたことからは学ぶ必要がある」とコメント。

「アグレッシブさを抑える必要があるとは思っていないし、アグレッシブすぎるってこととも関係がないと思う。もしかしたら単に多くを求めすぎたのかも」

「冷静になるだけじゃなくて、もうちょっと状況を見るべきだったのかもしれない。よく分からない。前はかなりうまかったはずなんだけど、今年はどういうわけか、もしかしたら、これまでの2戦がうまくいかなかったから、ポイントを取り戻したかったのかもしれないけど、今はいろんなことが悪い方に働いている。もちろん、こんなの僕が望んでいることじゃない。人生の勉強だ」

フェルスタッペンの結末とは違い、チームメイトのダニエル・リカルドは完璧なオーバーテイクを何度も披露した終盤の猛チャージで大逆転勝利を遂げている。レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは若きフェルスタッペンが失敗から学び、強さを増して復活するはずだと述べていた。

© ESPN Sports Media Ltd.