Red Bull

/ News

© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

レッドブルが2018年型マシンを2月19日(月)に公開することになった。

チームは『Twitter(ツイッター)』の公式アカウントを通じて新車発表日を公表。投稿を見る限り、新車の名前がRB14であること、お披露目の日程が19日であること以外はうかがい知れない。

今回の新車発表日の設定により、前回のプレシーズンとマシン開発を受けてレッドブルが示唆していた考え方の変更が確認できる。伝統的に、レッドブルはマシン開発の時間を最大限に確保するため新シーズン前の新車発表が遅いことで知られるが、2018年シーズンに先だって行われる新車発表は2月15日(木)のウィリアムズに次いで2番目だ。

昨年はそれまでと同様のアプローチだったものの、風洞施設での相関問題を抱えてしまい、冬季テストで貴重な時間を失っている。テスト開始までに問題を修正するには十分な時間を得られず、テストに近い日程で新車発表を行うことで問題が複雑化したのだ。レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーはライバルのメルセデスやフェラーリに比べて約2カ月の影響があったと明かしていた。

2018年シーズンに先だって実施される初回のプレシーズンテストは2月26日(月)にスペインのカタロニア・サーキットでスタートする。

確定している新車発表日

2月15日(木):ウィリアムズ
2月19日(月):レッドブル
2月20日(火):ザウバー
2月20日(火):ルノー
2月22日(木):フェラーリ
2月22日(木):メルセデス
2月23日(金):マクラーレン
2月25日(日):トロ・ロッソ

© ESPN Sports Media Ltd.