Red Bull

/ News

  • レッドブル

ホーナー、リカルドがベストオーバーテイカー

Jim
2017年11月15日 « 裁定の不安定さが悪化しているとシュタイナー | F1の方向性に懐疑的なハミルトン »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーはブラジルGPでダニエル・リカルドが現役F1ドライバーで一番の"オーバーテイカー"であることを証明したと考えているようだ。

エンジンペナルティを受けて14番グリッドからスタートしたリカルドはエス・ド・セナでケビン・マグヌッセン(ハースF1)と接触したストフェル・バンドールン(マクラーレン)とぶつかり、オープニングラップを終えて緊急ピットインを強いられた。しかしながら、ブレーキングを遅らせたターン1の飛び込みなどでオーバーテイクを連発し、徐々に順位を上げて最終的には6位フィニッシュを果たしている。

レース終盤のウィリアムズのランス・ストロールとフェリペ・マッサに対する追い抜きを含め、ホーナーはリカルドがライバルとのブレーキング勝負で完璧な動きを見せたとコメント。

レース後、『Sky Sports(スカイ・スポーツ)』に「ダニー・リク(ダニエル・リカルド)がまたやってくれたね。素晴らしい追い抜きを披露してくれた」と語ったホーナーは「ピットウオールの前を通る彼を見て"ターン1に向けてもっと近づかないと"と思うのだが、それでも追い抜いてしまう!」と続けている。

「ブレーキングをかなり遅らせているので、相当に深く突っ込む。今じゃ完全にマスターしているようだ。だから私にしてみれば、たとえベストではないにせよ、彼が優秀なオーバーテイカーの一人だと言える」

現役F1ドライバーの中でリカルド以上にオーバーテイクに優れたドライバーはいると思うかと聞かれたホーナーは「いいや。バンドールンにぶつけられはしたが、その後の巻き返しはファンタスティックだった」とも話している。

© ESPN Sports Media Ltd.