Red Bull

/ News

© Kym Illman/Sutton Images
拡大

レッドブルのダニエル・リカルドはアゼルバイジャンGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)がブレーキテストをしたというセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の意見に賛成していない。

2度目にセーフティカーが出動した際、ベッテルはハミルトンがターン15の入り口で急に減速したのを感じ、そのせいでメルセデスマシンのリアに接触。その後、ハミルトンの横に並んだベッテルは手を振り上げて怒りをあらわしたのみならず、ハミルトン車に軽くぶつけて抗議の意を示している。

スチュワードのデータ分析によれば、ハミルトンは一貫したスピードを保ち、その他のリスタート時と変わらぬ振る舞いをしていたという。バクーで優勝したリカルドはハミルトンがチャンピオンシップ争い上のライバルの前でブレーキテストを試みることはありそうもないと話し、ベッテルが距離をつめすぎていたのではないかとの見方をほのめかしている。

「ルイスが彼に対してブレーキテストするとは思わないな。自分のマシンがダメージを負うリスクだってあるし、意味ないよ」とリカルドは『ESPN』に語った。

「結局のところ、ペースを調整するのはラップリーダーの権利。超高速で走っておいて急にブレーキをかけたんなら話は別だけど、彼はあの段階でまだゆっくり走っていたし、あれをブレーキテストというのは厳しい」

選手権争いの主役2人によるクラッシュは今季初めてだった。ベッテルの行為に対して10秒のストップ・アンド・ゴーペナルティが科された件については賛否両論だったものの、ベッテルはそれに値することをしたというのが元チームメイトであるリカルドの考えだ。

「ペナルティは十分にフェアだったと思うけれど、純粋な競争だったし、時には何らかのリアクションにつながることもある。レースしていれば感情的にもなるよ。何度もレースがリスタートされて、自分を高めたと思うとまた抑えなきゃならない。だから、仕方ないことさ。ちょっとした反射的なリアクションだったんだ」

「セブには時々こういうことがあったよね。無線でもかなり言っていた。アクションの大きい性格だけど、だからといって批判するようなことじゃない。彼はただ情熱的で、勝利を望んでいるだけ」

ベッテルにはストップ・アンド・ゴーペナルティの他、3点のペナルティポイントが科されており、1戦の停止処分が科されるまであと3ポイントとなっている。

© ESPN Sports Media Ltd.