Red Bull

/ News

  • レッドブル

レッドブルのペースは見た通りとリカルド

M.S.
2017年4月9日 « 細かいことが気になるライコネン | レース中止を阻止すべく対策を講じたFIA »
© Andre/Sutton
拡大

レッドブルのダニエル・リカルドは中国GP予選の結果が2017年の序列における現在のチームの位置を現実的に反映していると認めた。

リカルドはメルセデスとフェラーリ以外でベストの位置にあたる5番手につけたものの、ルイス・ハミルトン(メルセデス)のポールタイムからは1.3秒、4番手キミ・ライコネン(フェラーリ)からは0.9秒遅れだった。

リカルドは自身のペースについて「多分、今のところ現実的だと思う。バランスはそんなに悪い感じじゃなかった。今朝はバランスにあまり満足できていなかったけれど、予選に向けて改善したと思うし、マシンの感触はそれほど悪くなかった」と話した。

「まだ僕らがどこにいるか分かるほどロングランをしていない。ロングランでも僕らは1秒とかそれくらい遅れているんじゃないかな。だから、レースコンディションでそれほど接戦になるとは期待していない。あまり楽天的に聞こえないだろうとは分かっているけれど、現実問題として僕らは燃料を積んだ状態でも同じようなものだろう」

「去年の最初もこの位置だったと思う。多分、その前の年も。だから、(レースでは)とにかく5番手より上に行こう。もう下がらないようにしつつ、少しずつ削り取るんだ。オーバーテイクとかじゃない。僕らはまだマシンについて学べるけれど、ゆうに1秒は遅れているんだ」

決勝日は雨に見舞われそうだが、たとえそうなったとしてもレッドブルがウエットコンディションで急にメルセデスやフェラーリと勝利を懸けて戦えると考えるのは甘いと見ているようだ。

「雨が僕らにとっていいかどうかは何回か聞かれた。そうだと思うよ。雨が降ればエキサイティングになるし、トップの連中がミスを犯したり、問題を抱えたりする可能性が出て来るかもしれない。それに、ドライバーたちはウエットを最大限に生かそうと努力するだろうからね。僕らは過去、優れたダウンフォースがあったから強かったと思う」

「僕としては、メルセデスとフェラーリが僕らの一歩先を行っているのはそれが理由だと感じている。僕はそれを解き明かそうとしていて、ダウンフォースのせいだと思うんだ。もちろんマシンにはメカニカルな部分があるけれど、彼らが生み出しているグリップや純粋なロードは他のどこより高いと思う。ウエットで彼らより速いと考えるのは甘いだろうね」

© ESPN Sports Media Ltd.