Red Bull

/ News

  • レッドブル

メルセデスの考えは「甘い」とホーナー

Jim
2016年11月29日 « ホーナー、ハミルトンは間違ったことをしていない | マッサに「ふさわしい最後」とスメドレー »
© Stange/Sutton Images
拡大

レッドブルを率いるクリスチャン・ホーナーはタイトル決定戦となったアブダビGPでニコ・ロズベルグを追い込もうとしたルイス・ハミルトンの戦略を予期していなかったのであればメルセデスのマネジメントは"甘い"と一蹴した。

メルセデスコンビがタイトルを争った最終戦、先頭を走っていたハミルトンは3番手以下のドライバーが追いかけてきたのを見て2番手につけていたロズベルグにプレッシャーを与えるため、ペースをコントロールした。結局、ハミルトンの戦略はうまくいかなかったが、ハミルトンが王者に輝くにはロズベルグが表彰台から脱落する必要があり、ハミルトンはそのためにやれるすべてをやっただけだと主張した。

ハミルトンはペースアップを命じたチームの指示を無視しており、この行為についてメルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフは2つの考えがあると認めている。ハミルトンが取った戦術は予想できたことだとし、ハミルトンを擁護したホーナーはメルセデス首脳陣がレース終盤の状況に驚いていたことが理解できないと話した。

「彼の立場を考えると、2人に委ねるしかない。つまり、こういうバトルは2人の間で決着させるしかないのだ。素晴らしいシーズンを過ごしてきたニコにおめでとうと言いたい。世界王者にふさわしいと思っている。ただ、タイトルがかかっている以上、今回のレースに別のアプローチを期待していたのなら甘い」

また、ホーナーはブラジルGPに先だって、他チームのドライバーがタイトルを争うメルセデスドライバーの邪魔をせぬよう、マックス・フェルスタッペンの父ヨスに電話をかけたウォルフの判断を指摘し、こう述べている。

「トトはルイスに彼自身の判断ではなく自分の判断に従ってもらいたかったのだろうと思う。それならば彼はレッドブルにきてドライブすべきだな! 父親にではなく、ドライバーに直接話した方がいいと思うのだが・・・」

© ESPN Sports Media Ltd.