Red Bull

/ News

  • レッドブル

ホーナー、ハミルトンは間違ったことをしていない

Jim
2016年11月29日 « 「僕だって同じことをしたはず」とフェルスタッペン | メルセデスの考えは「甘い」とホーナー »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーはアブダビGPでメルセデスのルイス・ハミルトンが見せた戦術を擁護し、「何も汚いことはやっていない」と述べた。

チームメイトのニコ・ロズベルグとタイトルを争っていたハミルトンは僚友が表彰台に上れば王者になることを理解した上で、レース終盤、先頭の利点を生かしてペースをコントロールし、2番手にいたロズベルグを抑え込み、追い上げてきた後続勢のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にプレッシャーをかけさせた。

レース後、ベッテルはハミルトンの戦術を「汚い手」だとして非難し、メルセデスもこの問題の扱い方を決め兼ねていたが、ハミルトン自身は問題のない範囲でドライブしたにすぎないと主張。

メルセデスを率いるクリスチャン・トト・ウォルフの立場だったらどうしていたかと聞かれたホーナーは、ハミルトンの戦略を擁護する前に、ブラジルGPに先だってウォルフがフェルスタッペンにかけたという電話の一件を掘り返してからかった。

「トトがパドックのあらゆることをコントロールしたがっているのは分かっている。他のチームのドライバーも含めてね! 異なる期待はできないのだよ。彼らは世界選手権を争っているのだ。ドライバーズ選手権をね。その権利を得た者はたったの2人。そしてその2人は同じマシンに乗っている。ルイスにとっては、今日は勝つだけでは足りなかったということだ」

また、ホーナーはハミルトンがチャンピオンシップに勝つために合法的にやれるすべてをやっただけだとも考えているという。

「戦術的なレースを戦い、何も汚いことなどしていない。ルールに反することなど一切しなかった。彼のドライブを見てルイスを非難するのは不公平だ。彼は自分が求める結果を得るために与えられた唯一のチャンスを理解して週末に臨んでいた。彼を批判するのはアンフェアだ」

© ESPN Sports Media Ltd.