Red Bull

/ News

  • マックス・フェルスタッペン

「僕だって同じことをしたはず」とフェルスタッペン

Jim
2016年11月29日 « ハミルトンの戦術に一定の理解を示すロズベルグ | ホーナー、ハミルトンは間違ったことをしていない »
© Stange/Sutton Images
拡大

タイトル決定戦となった最終戦アブダビGPでルイス・ハミルトンが見せたライバルのニコ・ロズベルグに対する戦術には賛否両論が言われているが、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはハミルトンの立場なら同じことをしただろうと明かした。

最終戦までもつれ込んだメルセデスコンビのタイトル争いはチェッカーが振られるその瞬間までどちらに転ぶか分からず、先頭を走っていたハミルトンはレース終盤に追い上げてきた後続勢を見て2番手につけていたロズベルグをプレッシャーの下にさらそうとした。もしロズベルグが4位に後退していればハミルトンがチャンピオンシップを制していたことになる。しかし、ロズベルグはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の猛追を振り切り、2位でゴールして初の栄冠を手に入れている。

「ルイスはきっと僕たちにぶつけようとしていたんだろうと思うし、たぶん、僕でも同じことをしたはず。チャンピオンシップに勝つためにはそういうこともトライしないといけないんだ」とレース後に語ったフェルスタッペン。

レース開始直後にスピンを喫して最後尾に後退したフェルスタッペンは1ストップ戦略を生かして4位まで巻き返した。表彰台にあと一歩のところに復帰できた結果を喜ぶフェルスタッペンは次のようにコメントしている。

「自分のリザルトとレースの展開にはすごく満足している。ターン1の後で最後尾に落ちて、巻き返す必要があったから、僕らにできる最善策は1ストップでいくことだった。それをやり遂げたことに満足している」

「タイヤが残っている2ストップの人たちから攻撃されるのは分かっていた。最後にセブ(ベッテル/フェラーリ)を抑え切るのは不可能だったと思う。自分より1回多くストップした人たちより前でフィニッシュできたんなら満足しなきゃね。順位もこれだけ1位に近かったんだから」

フェルスタッペンはドライバーズ選手権4位につけていたものの、ベッテルが3位フィニッシュを果たした結果、ランキング5位に甘んじている。今季序盤4レースはトロ・ロッソを駆っていたこともあり、フェルスタッペンは今季のポジションには満足していると話した。

「5位でシーズンを終えられたのはすごくうれしいし、その途中ですごくいいリザルトを残すことができた。昨日はあまりハッピーじゃなかったから、これで気分を上げてフィニッシュできる。今年は僕にとって特別なシーズンだったよ。来年を始めるのがすごく楽しみだし、もっと多くの成功をもたらしたいと思っている」

© ESPN Sports Media Ltd.