Red Bull

/ News

  • メキシコGP - レッドブル - 決勝

3位に繰り上がったリカルド

Me / M.S.
2016年10月31日 « ハミルトンはペナルティを受けるべきだったとリカルド | サインツの「奇妙な」動きで序盤を失ったとアロンソ »
© Rubio/Sutton
拡大

30日(日)、シーズン第19戦メキシコGPでレッドブルのダニエル・リカルドが3位に入り、マックス・フェルスタッペンは4位だった。

フェルスタッペンは当初3位でチェッカーフラッグを受けるも、終盤にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の攻撃をかわそうとした際の動きが取り沙汰されてレース後に5秒のタイムペナルティを科されている。さらに、フェルスタッペンとリカルドの間でゴールしたベッテルにもリカルドに対する防戦に関して10秒のタイムペナルティが発令され、最終的な順位は3位からリカルド、フェルスタッペン、ベッテルの並びで決着した。

ダニエル・リカルド

「もちろんポイントが取れてうれしいし、これで僕はドライバーズチャンピオンシップで3位になることが決定した。この1年を誇りに思うよ。表彰台に上がって楽しめたら良かったけど、今日はそういう状況だったってことだね。楽しいレースだった。あれこれあってレース後はフラストレーションもあったけど、それでも楽しいバトルだったんだ。最後にハンターになれたのは、1人で走り続けるよりずっと楽しかった。あれでレースが生き生きしたからね。ちょっとスパイスがきいていたけど、クールな一日だった。もちろん僕はレースがしたいし、レース後のペナルティというのは理想的じゃないけど、今日は仕方なかったと思う。僕は自分の動きに専念したのに、彼は僕を押し出したんだ。レースで抵抗するのは当然だし、手を振って見送ってくれるとは思っていないけど、ブレーキングの進路変更についてはみんなで話し合い、明文化したはずだ。僕が唯一がっかりしているのは表彰式の瞬間にスタジアムに立てなかったことだ。でも、表彰台はまだそこにあるんだから、これからみんなで記念撮影に行ってくるよ」

マックス・フェルスタッペン

「終盤にコースオフしたとき、1周目の1コーナーのルイス(ハミルトン/メルセデス)とまったく同じだろって思った。彼はコースオフしてアドバンテージを得ているのに、僕は有利になってさえいない。僕はブレーキングに向かっていって、コースに戻ってきたときは前に同じ距離があった。だから、ペナルティは理解できない。スチュワードがセブ(ベッテル/フェラーリ)にペナルティを科すって決断したのはちょっとした正義だったね。明らかに正しくない動きだったし、ルールによって処罰された。毎週末ルールに忠実でいられる限り、レース後にフラストレーションを感じることはないだろうね。強力なドライブをしたダニエルが表彰台に上れて本当にうれしいし、チームにとって最高の結果だ。コンストラクターズ選手権2位という僕らのポジションが少し前と近づいたし、確かダニエルはドライバーズチャンピオンシップで3位になるはず。若干のストレスがあった後、僕らは笑顔で週末を締めくくった。スーパーソフトであと何周かして、ニコをオーバーテイクするためにもっと近づくことは可能だっただろう。でも、結局のところ直線スピードのせいでここでオーバーテイクするのはいつだって難しいんだ。メキシコのファンはやっぱりアメージングだったよ。雰囲気と歓声は最高だった」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「スチュワードがリカルドとベッテルの件に関して正しい判断をしてくれて良かった。これでコンストラクターズ選手権におけるわれわれのフェラーリに対するリードは62ポイントに広がった。メキシコGPの結末は興味深いものだった。決して誰もが見たいものではなかったが、ダニエルのドライバーズチャンピオンシップ3位が決まってとてもうれしいよ。彼はそれにふさわしいエクセレントなシーズンを過ごした。ダニエルとマックスはお互いをプッシュし合ってお互いを高め、とても素晴らしい走りを見せてくれた。今の2人のレベルは見ていて心地いい。われわれは残りの2戦を楽しみにしており、メルセデスにどんどん近づいていることに勇気づけられている。マックスが終始ニコ(ロズベルグ)を追いかけていたというのはいいニュースだ。少しずつ差は縮まっている。前年までのメルセデスの優位性はもはや見られない。それは今年だけでなく、よりコンペティティブな2017年のF1を予感させる吉兆だ」

© ESPN Sports Media Ltd.