Red Bull

/ News

  • レッドブル

フェラーリ勢は「恥ずべき」とフェルスタッペン

M.S.
2016年8月29日 « フェルスタッペンを擁護するホーナー | 4位転落は「容認できない」とウィリアムズ »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

レッドブルのマックス・フェルスタッペンはベルギーGPでのドライブについて依然として正当性を主張しており、ターン1で起きた接触について自分を責めるフェラーリコンビは"恥ずべき"だと考えている。

キャリアベストの2番グリッドからスタートして出遅れたフェルスタッペンは、フェラーリのキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルの後ろになってしまった。ラ・スルスまでの短い距離でライコネンのインサインドに入ったフェルスタッペンだが、このときライコネンは外側にいたチームメイトとも争っていた。

行き場のなくなった3台はまずベッテルがアウトサイドからライコネンにぶつかり、ライコネンがフェルスタッペンに接触するという形でクラッシュしている。これによって全員が1周目の終わりに緊急ピットインを強いられ、優勝争いから脱落した。フェラーリ勢はフェルスタッペンにこのインシデントの責任があるとしており、それ以降のレースにおけるフェルスタッペンの行為も批判している。というもの、フェルスタッペンはレ・コームでベッテルとライコネンをそれぞれ別の機会に押し出しているのだ。

しかしながら、フェルスタッペンはグリッドでも最も経験豊かで業績を残している2人がすべての責任を自分に押し付けるようなことをすべきではないと母国オランダのメディアに主張している。

「あれだけの経験あるドライバーがこういうクラッシュを起こし、僕に不満を言っていることを、彼らは恥ずべきなんじゃないの。起こったことに対して後から大騒ぎする必要なんてない。彼らは僕のレース全体を台なしにしたことに僕が不満を抱いているのを理解するべきだ」

フェルスタッペンの考えでは、アウトサイドからあまりに早くターンインしてきたベッテルが責を負うべきだという。

「3台分のスペースはあった。キミと並んだとき、彼は僕に圧力をかけはじめていたんだ。ベッテルがターンインせずにあと1メートルの余裕があれば、全員が通過できていただろう。映像を見ればベッテルがターンインしてきたときに彼がライコンに向かっていくのがはっきり分かる。その後、キミのマシンが僕の方にぶつかってきたんだ」

レ・コームでのインシデントについては、2勝目を挙げるチャンスを台なしにしたフェラーリ勢へのフラストレーションを発散させていたとフェルスタッペンは認めている。

「彼らが僕のレースをめちゃめちゃにするなら、楽をさせるつもりなんてないよ。彼らは分かっていると思うけどね」

「"どうぞ"なんて言うつもりはない。でも、ターン1の後にすべてが起こってしまった。ターン1のことがなかったら、そんなにアグレッシブになることはなかっただろうし、あんなふうにライコネンをプッシュしなかっただろう」

© ESPN Sports Media Ltd.